【同時代性】今、ここに生きる!世代関係なく現代を楽しむ!!!

𖣯日々の気づき𖣯

今日はマーケティングや戦略から離れて、妻から教えてもらった時代感でもある同時代性について。

同時代性???
あまり聴き慣れない言葉。

今、この瞬間に多くの人と共に時代を共有している。100年に1度と言われる世界を巻き込んだコロナウィルス被害。
一時は人との接触を8割も減らすという、誰も考えられない状況が起こり、さらに本来今年あったはずの2020年オリンピックは延期。
この予期せぬ時代を多くの人が同じ時間軸で共有している。

時間軸で考えた時、生まれた年代、生まれた場所は違っても過ごす時間は同じ。
そして多くの人が同じ時間を過ごす中で、その時代にあった過ごし方や考えた方生まれてくる。それは、環境の変化にも影響し、常に時代感は変化していく。
この時間を断片的に切り取った時に、その時代とマッチしているか?ということがこれから大切なような気がする。

過去の栄光を自慢した時に、全く共感されないのは、今と過去は時代感も異なり、過去は良かったことでも今この瞬間では何の影響力もないということ。
今を生きる。
そして時代感をとらえる!

■同時代性とは?

同時代性とは、contemporaneity=コンテンポラニティの訳語で、今生きる人間にとって、同時代=現代。
同時代+性→現代性となる。

例えば、あるパフォーマンスに同時代性を感じるというのは、同時代に身を置くものとして共感出来る、よく理解できるという意味で使われる。
その時代感を感じるとも言える。

⚫︎昔のモノがよく感じる

モノの捉え方一つで現代風になる。
フイルムカメラやチェキが若者の間で流行ったのは、今生きる若者にとって昔の商品が現代の時代感にマッチしたから流行した。
フイルムカメラやチェキを発売当初使っていた世代からしてみたら、もっと性能がよいカメラはあるのに何故使い勝手が限定的な昔の商品が若者の間で流行するのか?理解できないと思う。

少し違った角度から見ると、
例えば芸術や音楽など過去に作られたモノは沢山ある。
100年以上前の作品が今も語り継がれている。それは、時間という大きな変化の中でも多くの人に共感や理解が出来る作品ということ。
昔に作られた作品なのに『現代っぽい!』『カッコいい!』と思う事はすごく多い。

⚫︎モノの見方で変わる

過去の商品が現代で流行るという傾向がある。流行に全く左右されず、長く愛されるのが芸術。
歌舞伎も現代風に少し変えている事はあっても、基本は昔から受け継がれている話を演じている。

レオナルドダヴィンチの作品を今見ても古いと感じない。

むしろカッコいいと思う。
これは過去も現代も未来も同じで、どの時代になっても古くなることがなく時代性を感じる作品が多い。

⚫︎ファンションの例

ファッションは常に流行が変わったとしても、流行のサイクルで必ずあるのがミリタリー要素を含むデザイン。

戦闘をする為に作られた服は、機能性を重視した作りになっている。
トレンチコートやPコート、ダッフルコート、モッズコート、MA-1、N3B。アウターの代表的なアイテムはミリタリーの服が元になっている。
エルボーパッチやエポーレットなど、部分的に使われているデザインも色々なアイテムに転用されている。

究極の機能美は常に時代性。
究極に突き詰められた芸術や機能美は時代が変わっても残り続ける。

一方、技術の進化がもたらしたモノは、チェキやフイルムカメラなど1周回ってレトロな機能がフォーカスされることを除いては基本時代遅れとされていることが多い。
さらに年代によっても懐かしいと思う人と、新しいと思う人が別れる。

今、この瞬間を切り取った時、年齢の違い、環境の違い、考え方の違う人が同じ瞬間を生きていて、様々な時代感が出てくる。
その中で多くの人が支持することがその現代性でもあり同時代性のような気がする。

■常識は非常識

⚫︎時代の変化が常識を無くす

時間の流れとともに価値観も含め大きく変わる。
そんな中、常識という言葉に縛られているとそれは同時代性を知る事は出来ない。
何故なら時が止まっているから。

常識という考え方は過去。
過去に縛られることがある伝統芸能、機能美ですら変化をしている。
『最近の若者は』とか『昔はこうだった』『これが常識』という限られた視点で物事を判断していると、結果その人は時代遅れになる。
今この瞬間切り捉えた時に、共感が多いことが同時代性であるなら、オンライン上のコミュニケーション方法は今の時代のスタンダード。

当然コミュニケーションの方法が大きく変わった。電話ではなくメール、動画など目まぐるしく変化しているが、数年後さらにコミュニケーションの形は変わると思う。
年齢を重ねても俯瞰の視野を持ち、その瞬間の時代性を理解し続けるには答えは1つ。

時代が変わっているなら、自分も変わるしかない。
変われなければ退化する。

⚫︎同時代性を感じる言葉

レオナルドダヴィンチは多くの考え方を残している。
その中でも好きな言葉。

  • シンプルさは究極の洗練である。
  • 最も高貴な娯楽は、理解する喜びである。
  • 大いなる苦悩なくしては、如何なる完成せる才能もあり得ない!
    失われうるものを富と呼んではならない。
  • 徳こそ本当のわれわれの財産で、それを所有する人の本当の褒美なのである。

他にも色々あるが、この考え方は今聞いても全く色あせることなく理解できる。
おそらく今、この瞬間にダヴィンチが生きていても今の時代にあったモノを生み出し続けるだろうと思える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました