【権威効果の3要素】自分もまんまとハマっていた!無意識に反応してしまう権威

𖠅ビジネスで使える行動心理𖠅

以前、権威効果について考えてみたけど、自分は特に肩書きなどで人を判断しないと思っていた。
無意識に反応してしまっていたことがあり、『はっ』と思わされたので、もう少し権威効果について深掘り。

■身近な権威効果

⚫︎モンドセレクション受賞

よく自分が陥る権威効果。
食料品やお土産屋さんで見かける、【モンドセレクション受賞】と書かれた商品を見ると、そもそもモンドセレクションというものが何か分からないのに、多分良いものと思い込んでしまい、購入してしまうことが多い。

身の回りの商品でモンドセレクションを注目して見ると、この賞をとっている商品が多いということに気がつく。

今年も約3,000品位が受賞していて、お土産とかはモンドセレクションを推している。
博多レモン、白い恋人とかは有名で、そこまで推してはいないけどモンドセレクションを受賞しているものとして、チョコパイ、プッチンプリン、雪見だいふくとかある。
#身の回りを探すと結構多い

⚫︎モンドセレクションとは

モンドセレクションは、1961年にベルギーで設立された機関で、様々な種類の製品を試験・評価し、優秀品質ラベルを授与する民間企業。

評価基準は、味などの味覚的評価だけでなく、ラベルに記載されている内容と、商品内容が一致しているなどの観点から点数がつけられる。
モンドセレクションの基準は味だけではないという点がポイント

何かと比較しているのではなく、基準値に対して判定している。
品質ラベルは下から「優秀品質銅賞」「優秀品質銀賞」「優秀品質金賞」となり、一番上の賞は「優秀品質最高金賞」となり、CMとかでよく見かけるのが何年連続最高金賞

この何年連続といういうのもよく見かける。

これまで注目していなかったけど、金賞受賞と最高金賞とは、一緒だと思っていた。

審査費用は日本円で約15万円。
最高金賞、金賞、銀賞、銅賞のいずれか授与されており、約90%が受賞している。

そして、その内訳を見ると、約50%位が金賞受賞で、約20%が最高金賞受賞している。
勿論厳密な基準はあるにしても、その基準値を知っていれば狙って受賞することができる賞がモンドセレクション。

自分が1番衝撃だったのは金賞が約50%という事実。そして、金賞も最高金賞も一緒だと思い、世界で評価された品質という企業戦略にまんまとハマっていた自分(笑)

■権威効果の歴史

⚫︎権威効果は負の遺産⁉︎

権威効果はナチス元党員でユダヤ人大虐殺で大きな役割を果たした、アドルフ・アイヒマンの実験が元になっている。

アイヒマン実験はミルグラム実験とも言われている。

実験内容は、一般市民を集めて、「先生役」が「生徒役」に罰を与えるという設定作った。

罰とは、問題を間違えると電圧をかけ、間違いが増える度に電圧が大きくなるという設定。

ただし、実際は生徒役は全て「サクラ」で実際には電圧は流れず苦しむ演技をする。

被験者は実は先生役の人物で、最初は生徒役の電圧で苦しむ悲鳴を聞いて、電圧を上げていくことを躊躇する。
しかし白衣を着た権威がある関係者の人間に「続けるように」「まだ大丈夫」と言われるとどのように反応するか?の実験。

その結果、多くの先生役の被験者は、生徒役の絶望の悲鳴が聞こえる最大電圧まで上げていき、中には笑みを浮かべる人もいたという結果。

これは、良心を持った人でも、権威を信じ込んだ環境の場面では、自分の良心を背いてでも権威の声に従うことを示した。

さらに、特殊環境下において人は狂気になるということも実証した。

元々良心を持った人でも、権威を持った人の指示で狂気となる。
これこそが戦争などの残酷な環境に適応してしまう習性。

■権威の3要素

権威を表す3要素としては、

  1. 肩書き、実績
  2. 外見
  3. 身につけるもの

肩書きだけでなく、外見や身なりでなどで、凄い人と思ってします。

この3要素が重なると、指示が正しいと思い込んでしまう。

モンドセレクションのような肩書きや〇年連続受賞、ゴールドのマークまさに権威の要素で自分はいつしか凄いモノと認識してた。

⚫︎iPS細胞事件

権威にマスコミまでが騙されてしまった事件の代表として、iPS細胞事件がある。

京大の山中教授がノーベル賞を受賞が決まっていたタイミングで世間を騒がせた事件で、元東京大学医学部附属病院特任研究員の森口氏が世界で初めてiPS細胞を使った心筋移植手術を実施したと発表。

面白いのが、移植手術をした森口氏は医師ではないということ。

医師でもない人が手術?しかも心筋移植にまだ多くの判例がないiPS細胞を使用?現実的に考えて明らかに怪しい内容。

東京大学医学部附属病院特任研究員という肩書きと、東大医学部の教室で実施という内容で騙された。

権威があると思い込んでしまうと、冷静に考えたら嘘だと思うことでも、あの人に限ってそんなことはないと思ってしまう事がよくあるということ。

■権威によって判断を間違わないコツ

権威の力は想像以上に働き、それが専門領域外だとさらに強く働く傾向がある。

冷静に考えれば、正しいか間違っているか判断できるが権威の力が冷静な判断を損なう。

権威の3要素、①肩書き、実績 ②外見 ③身に付けているモノなど、目に見える面で判断するのではなく、常に正しいかを疑う考えが大切。

そんな偉そうなことを言っている自分は、モンドセレクションという肩書にまんまとやられている(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました