【確証バイアス】無意識に働く、思い込み、決めつけ、押しつける心理を上手く活用する!

𖠅ビジネスで使える行動心理𖠅

猪突猛進のように決めたことを突き進んだり、何かを成し遂げたい時に思い込む、自分の主張は常に正しいと思ってしまうなど、一旦思い込んでしまうと、それを支持するような情報ばかりに目がいってしまい、偏った情報源になってしまう事がある。

人は感情の生き物。
予見なく中立的な視点で物事を判断したいと思っていても、感情や思い込みによって、都合の良い情報のみを集める傾向がある。

何か思い込みで突き進んでいる場合、一歩引いて偏った情報になっていないか?を俯瞰で見るような意識を持つ事で、バランスの良い情報源を持つ事が大切。
#凄く難しい能力

■確証バイアスとは?

⚫︎理屈より感情、居心地の良さが影響

確証バイアスとは、自分の思い込みや願望を強化する情報ばかりに目が行き、そうでない情報は軽視してしまう傾向のこと。

この傾向は、中立的な立場から物事を見る事が出来なかったり、自分にとって居心地の良い考え方に留まっていたいという無意識に働く。

さらに、理屈より感情が強く働く場合がある。

⚫︎身近な確証バイアス

身近な確証バイアスの例はカテゴリーに対するレッテル貼り!

典型的な例は「これだから〇〇大学出身者は〜」「□□人ってやっぱり〜」「これだから××世代は〜」「やはり男性(女性)は〜」「文系(理系)の人って〜」
このような口癖を持っている人は、確証バイアスが強く働いていると考えられる。

関連ブログ⬇️⬇️⬇️

⚫︎広告で活かされる確証バイアス

自分が購入した商品やサービスが広告や話題になっていると「自分の目に狂いはなかった」と思う事があると思う。

広告の目的として、新規客に認知を促すだけでなく、既に購入した人に対して、「これだけ広告が出ているから安心」という思いを促す効果がある。


自分は希少性の高い商品を探して買うのが趣味だけど、それが口コミやネットなどで話題になると嬉しくなる。
ただし、冷静に考えると口コミやネット情報は自らワード検索をしている。
ワード検索するから当然、関連した情報が多数出てきて当たり前。
それを見て話題になっていると自己満足している(笑)

■成功への思い込み

新規事業などの場合、〇〇だから△△などのレッテル貼りは、無駄な情報を除外し、意思決定のスピードを早めるというメリットを持つ。一方意思決定の質を落としてしまう事がデメリットとして考えられる。

この場合、新規事業や困難な挑戦をする場合に陥る成功に対する思い込み!
『絶対上手く行く!』『何とかする!』と思い込んでしまえば、困難な事でも、成功させる為に都合の良い情報ばかりを集めて、裏側にあるリスクを見落とす事がある。

⚫︎思い込みが判断スピードを上げる

成功の思い込みのメリットとして意思決定が早いこと。

考えるより行動する事が多い為、当然リスクはあるが素早く行動し動かしながら軌道修正するというリアルオプション戦略をとる場合は、この成功の思い込みを活用する方が困難なことに対しても突き進むと思う。
計画や分析、客観的な視点での物事の判断は意識しつつも、スピードを大切にするような今の時代ではこの思い込みはデメリットを凌駕すると思う。

失敗したらすぐにやり直せば良いだけ!

⚫︎ポジティブな思い込み

確証バイアスは人間心理の最も深い部分にある為、脱する、影響を受けないとようにすることはかなり難しい。

無意識に働いてしまう心理の為、自分1人で対応しようと思うと難しいのであれば、周りの力を借りれば良い。
自分のことを客観的に指摘してくれる人が周りに数人いれば、間違った思い込みに入った時には指摘、注意をもらい、良い思い込みに入った時はそっとしてもらえればいい。

確証バイアスと上手く付き合い、活用するという視点で考えると、自己プロデュースはすぐに活用できる。
「自分はこういう人間なんだ」と思い込むと、それに合致した過去の情報や経験に目がいき、自己認識を強める。

唯一の注意点は良い自己認識の場合、効果を発揮するが逆に否定的な感情を持つ人に対しては悪影響となる。

ポジティブな人がポジティブを貫けるのは、この自己認識が強く働いている為、何があっても感情がブレる事がないからだと思う。
ポジティブな自己像を思い描き、それを強化する情報や経験を集める事を続けると結果。

⚫︎生まれながらのポジティブはいない

生まれながらにしてポジティブな人はあまりいない。
自分は昔はストレスで円形脱毛症になった事は何度もあるし、大変な経験も何度もしてきた。
でも、今、ポジティブにいられるのは「全てを受け入れた上で楽しむ」と思い込みを強く持たせているから、それを何年も続けると面白いことに目が行くし、楽しいことだけが情報として入ってくるようになる。
トレーニングで身につけた能力ということ。

無意識に働く思い込み、決めつけ、押し付ける心理からは逃げられない!
だったら、どのように活用したらプラスに働くかを考えて工夫した方がいいと思う。
間違った方向にいかない為にも、耳が痛くなる存在であっても周りに数人は客観的な意見や指摘してくれる人がいる事が更なる成長に繋がると思う。
#自分の場合、耳が痛い事をいう存在は妻(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました