【上司・部下の心得】ホウレンソウのおひたし、今や上司の必須スキル!

𖧷心がけること𖧷

仕事を始めると、ほとんどのところで1番最初に上司に教えられるのがホウレンソウ。
報告、連絡、相談の頭文字をとった言葉という事は多くの人が知っている。

働く人の心得としてのホウレンソウは大切なのは理解できる。
ただし多くの場合、報告、連絡、相談することが目的になり、本来の事故やミスを未然に防ぐという本来の目的から外れることが本当に多い。

報告・相談・連絡をした上でミスをしたのなら、それは管理している上司の責任。
ホウレンソウを強要する上司に限って責任から逃れ部下との関係を悪くする。

結果どうなるか?
部下は上司に期待をしなくなりホウレンソウしなくなり関係は悪化するというスパイラルに入る。

そうならない為に、上司の必須スキルでもある【おひたし】を改めて考える。

働く人の心得→ホウレンソウ
上司・先輩の心得→おひたし

■責任がら逃げる

⚫︎上司との関係が悪くなる理由

ホウレンソウは働く人にとって必要なこと。あくまで雇われて仕事をしている為、その場合勝手に何かをすることができるのはオーナーだけ。
オーナーでなければ最終責任者に確認をとる必要はある。
その為のホウレンソウ。

ホウレンソウの目的は責任者に確認をとり、ミスや事故が起こらない様に周りがサポートする為に行うことが目的。
多くの場合、上司との関係性が悪くなる原因は上司の責任逃れからの信用低下が多いと思う。

その典型的なケースが部下の手柄は上司の手柄、部下のミスは部下の責任という状況。

この様な経験を持つ人は多い。
そして、そんな経験をしたから同じ様に部下に責任を取らせる行動になってしまう。
このスパイラルが上司と部下の関係性を悪くしていく。

⚫︎上司の責任として片付けない

コレは上司が悪いと結論づければ簡単だけど、上司にも過去があり、同様に責任をなすり付けられたことがあったり、周りで責任を取らされて飛ばされた人を見ているから自分はそうならない為に防衛する手段として部下を売るという行為になったのかもしれない。#勿論、心底腐っている人もいる(笑)

責任から逃げる人は、個人の性格の問題も大きいこともあるが、過去の経験で責任から逃げてしまう体になってしまったケースもある。
今は責任逃れをする上司はカッコ悪いと思っていても、いざ立場を持った時に人は変わってしまうことがある。
それはその立場にしがみつきたいという感情が責任を逃れるという行動になってしまうのかもしれない。
まずは、少しだけ責任から逃げる人にも何か理由があることもあることを理解。

■したコトよりされたコトが残る

⚫︎上司からの裏切りはトラウマに!

コレは全てのことに言える事だけど、人はしたコトよりされたコトが残る。

イジメをしている人はイジメをした人のことを覚えていないが、イジメをされた人はイジメた人を鮮明に覚えてるのと同じ。

同じ様に、過去の上司に裏切られたことがトラウマになり無意識に拒否反応を示すこともある。

過去に責任をなすり付けられた人は、責任から逃げた人のことを鮮明に覚えていて、それがトラウマになり責任自体を拒否したり、信頼を裏切られた人には距離をとることが多い。
したコトよりされたコトを覚えているということを意識しなければ何も始まらない。

■上司の心得

前置きが長くなったが、責任を持つ立場になった以上は逃げる事は許されない。
ましてや部下に責任をなすりつける事は、理由があったとしても逃げない。
その為に部下のホウレンソウを徹底する。

部下のミスは上司の責任、部下の成果は部下の手柄という気持ちがなければいつまで立っても孤独のまま。
上司の心得は、周りからの信用ポイントを増やすことだと思う。
信用を失う行為はたとえ立場があったとしても最終的には孤独に繋がる。そうならない為のコミュニケーションだと思う。

⚫︎おひたしがホウレンソウを育てる

上司・先輩の心得でもあるおひたし。
お;感情的に怒らない
ひ;頭ごなしに否定しない
た;何かあればすぐに助ける
し;的確な指示を出す

大切なのは頭ごなしに怒らずに、次につなげられる対策を考えながら指示を出すという手法。

ミスは誰にでもあるものなので、むやみやたらに叱るのでは余計にミスが増えるというのは、何の問題解決にならないだけでなく、人間関係が悪くなる。
本人の態度に問題がある場合は、言い方を考えて怒ることも大切。

感情的な怒りではなく指導をする為に怒る。
そして否定は何も生まないことを自覚し、否定するなら解決策や打開案を出す。
解決策や打開案がないのであれば一緒に考えればいいだけ。
そして、責任者は常に助ける立場になり、的確な指示を出せる様になると、自然とホウレンソウがされる様になる。
それこそ信頼関係が出来た証拠。

⚫︎ホウレンソウは自然発生する

ホウレンソウを強要する関係は信頼関係がないということを表している。
信頼されていないからホウレンソウがされないという考え方もあると思う。

もし信頼している人がすぐ近くにいたら、困ったこと、悩んだ事は解決策やアドバイス、話を親身になって聞いてくれる人に相談すると思う。
信頼関係があればホウレンソウは自然発生するということ。

ホウレンソウを徹底したいなら、まずは自分の行動や言動を考える。
押し付けるのではなく自然発生する環境を作れるかはその人の力量。

■おひたし以外のビジネスマナー

上司・先輩の心得でもある、おひたし。
他にも類似のビジネスマナー用語があるので紹介。
こまつな、きくな、ちんげんさい

⚫︎こまつなとは?

こま;困ったら
つ;使える人に
な;投げる


という意味で、困ったときは専門家や得意な人に助けてもらおうという意味合い。
誰にでも得意分野はあり、それ専門で業務をしている人には誰もかなわない。
だったら必要に応じて周りの助けを借りるという意味も持っている。

⚫︎きくなとは?

き;気にせず休む
く;苦しいときは言う
な;なるべく無理しない


という救済の意味を持ったビジネスマナー用語で無理はしないで気軽に助けを求めることが大切。
自分1人で抱え込んでしまうと冷静さを失い、深みにハマっていく。
深みから逃げれない状況になる前に助けを求める。
その為のホウレンソウでもある。

「こまつな」と「きくな」は心得として大切なことだけど「ちんげんさい」はダメな心得

×ダメな心得のちんげんさいとは?

ちん;沈黙する
げん;限界まで言わない
さい;最後まで我慢


という意味のビジネスマナー用語で、上司からすれば部下や新入社員に絶対にしてほしくないこと。

この様な状態を作ってしまうのは会社組織の問題でもある。

代表的な例が、
パワハラやセクハラなど。
誰にも相談出来ずに1人で悩んでしまう。

会社はパワハラ、セクハラなどのハラスメントを無くそうと綺麗事は言っても実際は何の対応もしてくれないところが多くあるのも事実。このケースに当てはまらない様に個人間の関係性や会社組織を注意して見なくてはいけない。

まさにブラック企業はちんげんさいの状態が満映していると思う。
そうだと思ったらさっさと、その場から離れよう!!!
そこに自分の未来はないと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました