【目指せ単日1億円!】何者でもない自分が何者かになる!意志あるところに道が開ける!

𖣯日々の気づき𖣯

毎日気になった事を勉強し、少しづつ知識を増やすだけではなく、得た知識や情報を使って何をするか?

最近自分の頭の中で
「今、この瞬間だから生まれること」
「今、出来ることで面白いことは何か?」の自問自答を繰り返す。

時代の流れを掴む時、「体験」「ファンビジネス」「コミュニティ」「ブランド」「メイキング」というワードが重要になってくると薄ら思い続けて、色々な角度から分析を続ける。
点を深掘りし知識量を大きくする。それをどうやったら繋げられるか?
自分ならどうするか?を考え続けた。

#考えすぎてパンクすることもしばしば(笑)

やっと自分の想像が1本のイメージに繋がった。
「あっ!事業を作ろう!」
そして、事業を作るなら業界の話題を作るインパクトがある事を作ってみようと思い立つ。
考え抜いた結果、「よしっ!とりあえず1日1億円!!!」目標設定を最近決めてみた!(笑)

やれば出来る、やらねば出来ぬなにごとも!

■決意に挑む

⚫︎目標設定と行動

「1日、1億円」コトバを並べた時に出来ると思う人と、無理だと決めつける人が分かれる。この大不況で世間が落ち込んでいるのに絶対無理と鼻で笑う人もいる。
そして、かなりハードルが高いのも事実。百万でもなく、1千万でもなく、1億(笑)
自分でも初めての試みで1日1億は今まで考えたこともなかったし、想像したこともなかった。何者でもない自分。

今だに、「コロナのせいで〜」「今年は諦める」と言っている人は来年の同じ時期も何かを理由に言い訳をしていると思う。
言い訳は自分を納得させるために都合の良いコトバ。

やってみなければ分からない!

具体的に事業を詰めて行くと、1,000万はイケる!3,000万もイケる!5,000万位かなというところまではイメージ出来た。
その瞬間にスイッチが変わる。

出来ることより、ハードルが高い方が面白い!
そう思った瞬間に『カチッ!』音がなった。

今、出来ない事をやる為に目標を高く設定する。
その結果が「1億!」

何者でもない自分のキャパでは当然生み出せない数字目標。でも、かなり頑張って背伸びしたらイケそうと思った瞬間に行動が変わる。
今のままでは到達できないなら別の方法を考える。

⚫︎目標が行動を変える

これは考え方の違い。
緻密に計画を練って積み上げたモノを進める。決して悪いことではないが、この場合計画値を大きく上回ることはない。
それは全て自分の想像範囲だから。

一方、方向性だけ決めて進みながら肉付け、無駄を省きながら軌道修正を繰り返し動く。この場合、思いだけで突き進むと副産物が得られる。
この場合の副産物とは、予期せぬチャンス

予期せぬチャンスはどこと無く生まれ、それが思わぬ先に転がり込み想像を超える動きにいきなり変わることがある。
そして、想像を超える動きが起こる時の多くは、高い目標に対して自分以外の人とイメージが一致した時。
そうなると「出来ないこと」が「出来るかも⁉︎」と認識される。
その瞬間一気に周りの行動が加速する!

何かを先頭に立って成し遂げたいのであれば、協力者の目線を「出来るかも!?」というギリギリのラインを見せることが大切だと思う。

■すぐに動いて変化させる

⚫︎思いたったら動いてみる

全ての人が出来ることではない。
日本人の多くは慎重で協調性という集団思考が染み付いてる。
色々な本で思いたったら動く!とは書いてあるもののそんなことが出来る人はごくわずか。行動できない人の方が圧倒的に多い為、行動出来ないからと言って自分を責める必要はない。

最初の1歩は誰でも怖い。
その場にいる方が楽だと思うけど、実際は苦しくなるだけ。それを避ける為に人は動く。

現状維持は緩やかな衰退。
まずはどんな形でも動くことから道が開けると思う。

⚫︎時代が変わる

時代は本来ゆっくり変わって行く。
その為、周りが変化していないと思い現場に止まっていると知らない間にゆでガエル現象になってしまっているケースが多い。

関連ブログ⬇️⬇️⬇️


でも、今回コロナという誰も想像も出来ないウィルスの存在が時代を大きく変えた。
誰もが強制的に考え方を変えなければ、このままではいけないと思わされた。

この経験はラッキーだったかもしれない。
強制的に時代の流れを変えるしかない状況に追い込まれた時どうするか?変えるか?逃げるか?目をそらすか?

■時代を受け入れ変える選択

⚫︎苦痛との戦い

何かを変えることは誰でも苦痛が伴う。
勿論自分も苦痛の毎日。
これからの数年先の自分が想像出来ず、ただ最悪な状況でもあるグータラな生活だけはしたくないという理由で毎日ブログを書き始め勉強している。
漫画以外の読書は続かないけど、ネタを吸収する為に苦痛と戦う。

新しいことを作ると思って、毎日考えたところで新しいことは生まれない。知識量が少ないから選択肢がないから当たり前。
知識をつけるのが勉強。
それがとにかく苦痛。

この苦痛と向き合って毎日コツコツ進む。
努力なくして個人スキルは上がらない。
いきなり結果だけを追い求めても、基礎ベースががなければ叶わない。
目先の結果ばかりを気にすると焦り悪循環になる。

⚫︎折角与えられた時間

コロナで失ったものもあれば与えられたものもある。与えられたものとは時間。

見つめ直す時間、考える時間、情報を吸収する時間、何も考えない時間。
強制的に行動を止められたことで得られた時間に何をしてきたかがコレから真価の差が出る。
与えられて時間の時、自分は何をしていたのか思い出してみる。

それがコレからの結果となる気がする。

■泥臭くても進める

事業計画は数ヶ月前から進めていた。
事業イメージ、仕組みイメージ、ポジションイメージ。
そう、あくまでイメージだけの想像。霧のような状態から少しだけ先が見えた瞬間にパートナーを探す(笑)
あとは運とタイミング!

自分がやりたいと思ったことだけイメージし、パートナー候補をいくつか調べ、最終的には直感で選び、直談判!(笑)
企画に自信があったから一切のコネを使わずに飛び込み営業。
飛び込み営業は面白い。

何者でもない自分に与えられた時間は数分。その数分で可能性を見せられるかの勝負。

1度目でパートナーになってほしい会社の窓口を口説き、2回目で役員を口説く。
具体的な案はなくとも、相手が想像できるようにイメージを共有しただけ。

自分が作った事業の輪を広げる為にあとは説明を繰り返す。
そして、自社で投資が出来ないなら、可能性を見せることで外からお金を引っ張ってくる。
出来ないなら出来るようにする!

そんな格闘の毎日で掴んだこと。
出来ないことから目を背けないで、出来ることで強引に動かすことの大切さ!

■何者でもない自分が何者かになる

何者でもない自分に多くのお金と時間をかけてくれる会社がある。
それはそのまま、自分への期待値の高さ。

期待をかけられると如何やら燃えるタイプで、おそらく今回の事業は、普通に頑張ったら最初は5千万位いったら成功感が感じた。ただ、あえて自分を追い込む為に本気で頑張っても出来るかわからない1億と言ってみた!!!
追い込まれて潰れるか?楽しめるか?は自分次第。

大風呂敷を広げて目標を言いふらす!
初日で1億円もの大金を動かす為には、、、大変だってこと!!!(笑)

でも目標が定まった後は完全に思考が変わり、とにかく自分1人で1億を作れる為に何をしなければいけないか?その答えは至ってシンプル。
力のある人を口説く
そして巻き込めるだけ巻き込む!
#人にあやかり作戦

こっからスイッチが完全に入った自分が如何なるか?の日記。
半年後、如何なっているか?
それは半年後結果となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました