【反省記録】何もしたくない気持ちを入れ替える!自分なりのリセット方法と対策

𖧷心がけること𖧷

この1週間のまさかのトラブルで体重は落ち、情けないことに1つ大きな信用を失った。

仕事をする以上、約束事は守らなければいけない。
自分の場合は納期。
テクニカルで難しいことと分かっていた中で、出来る方法を導き出し動いたことが、頭の片隅にもなかった物流や製造が後回しになる脅威に飲み込まれた。

恐ろしや、中国の11/11の独身の日。

アリババの今年の売上は7.9兆円。
11/前半から今週まで中国の物流や製造工場はパンク状態。自分の頭の片隅にこの遅れの予想が想像出来ていなかったのが問題。
日本では普通の1日(我が家の結婚記念日)が国がとんでもなく大きな動きの規模が想像すら出来なかった。

結果、まさかの1週間遅れという情けない結果が、信用を失う。
長い年月をかけて作った信用は、すぐになくなってします。やってしまった〜。
この爪の甘さを忘れないために反省記録をつける。

■出来ることと出来ないこと

⚫︎ 大丈夫が気の緩み

今回のミスは全く予測出来なかった。
特に難しいモノでもない、金額も小さい、任せて安心な人に託していると思い安心してしまった。

金額が小さくてもお客さんにとっては重要な商品でそれを金額で判断した自分の意識の甘さ、これはダメ。
本来自分の仕事はお客さんの要望に1つ1つ応えることで金額は関係ない。
この当たり前のことが出来ないとプロではない。

『最終帳尻を合わせれば大丈夫』
『まだ間に合わせられる』

というおごりがリスクヘッジに踏み切れずに時間だけを過ごした結果となった。
予期せぬ事態も対応できてこそ一流。

そういう意味では予期せぬ事態に対してリスクヘッジをせず、計画を微調整できればなんとか対応出来ると根拠のない自信と、これまでミスがない人に任せているから、その人が問題ないというのであれば大丈夫と判断を鈍らせる。
自分の仕事がいつしか人任せの仕事となる。これが最大の失敗。

⚫︎人任せの仕事

人任せの仕事が自分の責任感を薄れさえてしまう。
仕事は分業制で自分が出来ることと出来ないことがある。

出来ることはやるけど、出来ないことを出来る人にお願いすることはある。
しかし、出来ないからと言って任せっきりにしてしまっている時点で仕事を放棄してしまってるのと同じ。
この当たり前のことが出来ないとミスが出る。

■ビジネスは戦場

⚫︎自分にあった過信

「はっ」って思わされたこと。
何かが上手くいっていると自分は気が緩む。新たなビジネスがうまく行くと、既存のビジネスもうまく行くと過信してしまうことがある。

まさに気の緩み。
ただ、ビジネスは既存ビジネスも新規ビジネスも戦場。負けたら大きな損失を失い、勝ち続けなければ利益は出ないし何より信用を得ることが出来ない。

ポジティブのデメリットは過信すること。
そして何より『大丈夫、大丈夫』と楽観的思考がビジネスにとっては致命傷になる。

典型的な楽観的思考は、高い壁でも臆さず突き進むことが出来るというメリットの反面、リスクに対しての危機意識が薄い
さらに何かが上手くいっている時ほど気が緩む。
ビジネスは戦場。

⚫︎危機意識の緩みが致命傷になる

気の緩みが最も起こってはいけないのに一瞬緩んでしまった。
改めて再認識。
ビジネスは戦場。
最後の最後まで気を緩めず負けないようにすることが当たり前という基本を一瞬見失った。

本来色々なケースを考えて進まなければいけない。
金額が大きい商売だと失敗のダメージが大きのを知っているから最後まで緊張感を持てるが、金額が小さいと何処か緩む。
目の前のことを金額で判断するとは、、、
一体何様???

確実に調子に乗っている自分への懺悔。
そんな自分を見直す期間を数日過ごす。

■何もしたくなくなる日

⚫︎考え続ける

問題のリカバリーの為に気の休まることのない数日を過ごし、食欲はなくなり夜は色々考えて寝れない。
問題解決の目処が少しだけ見えたことで、若干気は休まる程度でまだ緊張状態。残り2日の勝負。

折角の休みも休まらない。
ただそれは自分が招いた結果。
何もしたくない日。
外にも出たくない、ゴロゴロしたい。

でも、悪い気持ちをいつまで経っても引きずらないように入れ替える。
ひたすら格闘技の映像を見まくり、闘争本能を感じ、自分も戦う意思を入れ直すという独特の方法。

総合格闘から漫画はじめの一歩まで自分の気分を高めてくれるものだけを集中して情報として見ると気持ちが入れ替わる。気持ちが入れ替わったら後は行動。

⚫︎気持ちをリセット

気持ちのリセットが終われば、情報収集開始。未熟な自分が今回ダメだったのは危機意識もあるけど根本的なビジネスに対しての気持ちの持ち方。

気持ちの持ち方を変える為に、成功する人の共通点を探す時間を作る。動画を見たり文章を読み漁ったり。

自分が失敗した時は特に吸収力が高い。
普段見過ごすような情報でも、今の状態だからこそ本質を理解できることが多い。
失敗をそのままにしていたら、このまま終わる。失敗は成長への一歩。

■挽回する

失った信用の挽回は非常に難しい。
でも、挽回しなければいけない。
まずは今できることは誠意を持って対応すること。

逃げたい気持ちはあっても全てを受け入れる。その上で進むしかない。
今回起こした自分のミスが挽回できるかはこれからの自分の行動でしかない。
何もしたくない1日を過ごし、前に進む。

コメント

タイトルとURLをコピーしました