【妻エッセイ】読書のきっかけ

𖠪キノコヘアの日常𖠪

ここ数日夫は仕事のトラブルで眠れぬ日々を過ごしていました。
心と頭を切り替えたいのか、夜中になるとYouTubeや漫画を手当たり次第観ていました。
プラス思考な夫であっても、ここまで考え込むなんて余程の事だろうと思っていました。幸い先程好転しそうな電話がかかってきて、私も一安心。

=読書のきっかけ=
そういえば私が読書をするキッカケも何か気を逸らす為だったなと思い、懲りもせず書いてみようとなりました。

子どもの頃は本に興味がなく、夏休みの読書感想文も担任の先生が変わる度、前に読んだ本で感想文を書くという技で過ごしてきました。

母に『漫画でも良いから字を読んだら?』と言われたのを覚えています。
高校の教科書に載っていた夏目漱石の『こころ』下の抜粋が載っていたと思いますが、全編読んでみたいと思い、そこから読書をするようになりました。

楽しく電車の中や休憩時間に読む事もありましたが、悩み事があって眠れない夜中に推理小説を読んで余計に寝られなくなる事もありました。社会人になって半年経った頃、朝電車に乗り一駅目の扉が開くのが合図のように気分が悪くなり冷や汗が出ました。

また1日が始まる…
それでも仕事に行かなければと無理をしていましたが、母親に相談すると『仕事を辞めた方がいいんじゃない?』と言われ決心しました。
辞める事も不安、仕事に行く事も不安ではありましたが、あの時辞めておいて良かったなと思います。
その後3ヶ月間ゆっくり過ごし、また就職できました。

常に鞄の中に本とイヤホンを入れておくと、違う世界に入れて、気持ちが切り替わります。
電車の中で気分が悪くなった時とても助けられました。

人それぞれの気持ちの切り替えスイッチを持っているんだろうと思います。
ここ数日、YouTubeばかり観ている夫も、気持ちを切り替えて動き出そうとしている兆候…と捉えてあげようと読書をしている私…早くいつも通りの生活に戻れればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました