配慮ができる人、出来ない人の特徴。相手に対しての優しさが大きなさ差になる!

𖣯日々の気づき𖣯

自分が壁にぶち当たった時、見直す大切なこと。思いやり、配慮、優しさ。

この3つことはプライベートでも仕事でも何かが欠けていると上手くいかないことが多い。
プライベートや仕事が充実して上手くいっている人はこの3つが確実に出来ている気がする。

思いやり、配慮、優しさ、似たような言葉ではあるが本質は相手の気持ち、立場に立てて物事や言動を出来ているか?だと思う。

まずは自分ができているか見つめ直して見ると、自信を持ってできている!と言える人は少ないと思う。
これが既にできている人とは意識しなくてもできている。

一方自分のようにできていない人は自然にできるようになる為には意識してトレーニングする以外ない。
それが習慣化されて初めて自然体となる。

■相手の立場に立つ

⚫︎配慮とは?

配慮とは他人に対して心を配ること。
相手と良好な関係になるように気遣いをするなど自分目線ではなく相手目線で言動や行動をする。

「こんなことされたら嫌かな」
「こんなことしたら喜んでくれるかな」

など、相手の頭を想像しているかいなかが配慮できる人とできない人の違い。
#自分は全くできていない気がする(笑)

配慮の類似語として、心配り、心遣い、気遣いなどある。

⚫︎配慮できる人の特徴

①常に感謝の気持ちを忘れない

周りの人などに対して常に感謝の気持ちを持ち続けられると、自然と「ありがとう」という言葉が多く使われる。

普段から心から感謝をしている人は行動も思いやりがあり、結果どうなるかというと助けてもらえる人になっている。

それは返報性の原理が働き、普段から気持ちの良い対応をしてくれる人に相手がしてくれたことに対して、何かを返したいと思いが発生し、あの人が困っているのなら助ける思ってもらえることがある。

普段から、心からの感謝を周りにしている人は相手の些細な表情の違いや気持ちの変化を察しやすい。

②相手の立場に立って行動できる

自分の思ったことをそのまま言葉にするのではなく、場面や場所、相手の立場に応じて相手に失礼にならないような言葉や行動を取れるかが大切。

相手の立場に立って物事を考えるにあたり相手の全てを理解することは不可能に近い。
その為、どうしても自分の価値観、当たり前の基準を決めてしまっている。

自分の価値観、基準=相手の価値観、基準が一致することは稀

相手の価値基準が一致しないことを前提にしなければいけないのだが、自分が正しい、自分ができることが相手も同じと考えがち。
ここが配慮できる人とそうでない人の大きな違い。
自分のような自己中心的なタイプは全て自分の言葉で話してしまう為、注意!!!

自分主体で生きていると、どうしても相手主体で行動することが難しい。

■気遣い;相手を気にかける

配慮の類義語でもある気遣い。
気遣いとは相手を気にかけること。
相手に「不快な思いをさせたくない」「良い気分で過ごしてほしい」と思いからくる行動。

⚫︎気遣いできる人の特徴

①気が利く

気が利く人は、他人が望むこと・喜ぶことをきちんと理解している。

常に周囲に気を配っているため、相手のちょっとした変化や違いも見逃さない。
その結果、繊細な配慮を行うことができ、「気遣いができる人」という印象を与える。

また、気が利く人によくある頭の回転の速さも、気遣いに大きく関わると言われている。

善意からくる配慮は、タイミングによっては迷惑になりかねないことがある。
人に何らかの配慮するときは、何をすればよいか、してはいけないかをすばやく判断できる能力が必要。

②思いやりがある

思いやりとは、人の立場や心情に立って配慮したり振る舞ったりすること、あるいはその気持ちをいい、これは誰かに配慮する上で非常に大切なこと。

思いやりのある人は、周囲に気付かれないように教えてあげることができるそれが、適切な気遣いと言える。

③誰にでも平等

気遣い上手な人ほど、誰にでも分け隔てなく接しることができる

気遣いができる人にとって、相手の立場で物ごとを考えるのは自然なことで、いちいち見返りを求めたりしないので、人によって立場を変えることない。

一方、人を見て態度を変える人は、物ごとを損得ではかりがちで、利益もないのに他人に気を遣おうとは思わない為「気遣いができる人」とは認知されにくい。

④ちょっとした変化に気づく

他人のちょっとした変化に気付くのは、普段からその人をきちんとみている証。

髪を切った、ネイルを変えたなど、どんなことでもかまいません。
変化について褒められたり認識されたりすれば、うれしく感じる人は多い。

わずかでも周囲の人の変化に気付いたら、まずは相手に伝えることができる人は意外に少ない。
「変化に気付いていますよ」とさりげなくアピールしてこそ、相手を喜ばせる気遣いとなる。

■まずは身近な配慮、気遣いから!

相手のこと考えることは簡単そうでできない。
既にそれができている人にとっては簡単なことでも、自分の価値観で生きている自分のようなタイプは相手の気持ち、立場に立って言葉を選んだこともない為、相手への配慮はすぐにできないと思う。

ただ、この配慮や気遣いができないと仕事も円滑に進まないと思う。
配慮、気遣いはビシネスにおいてもプライベートにおいても必須能力の様な気がする。

まずは自分にとって1番身近な家族への配慮や気遣いを意識することで習慣化させることで自然にできる様になると立派な大人になったのかと言えるのではと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました