【リフレーム】短所が長所に変わる⁉︎ 自分の弱みだと思うことが実は強みの源泉!

✏︎学んだこと✏︎

ポジティブな人とネガティブな人の違いは、モノの捉え方によることが多い。

普段から使う言葉や考え方少しだけ変えることで短所だと思っていることが長所に変わることもある。

短所やコンプレックスが変換される。
それがその人の個性となる。

あくまで持論。
生まれ持ってポジティブな考え方しか無い人はいない。
どんな人にも必ず負の部分があり、その負の部分とどのように向き合い考え方を変換してきた経験がその人の考え方や個性を作る。

不安、不満、不便、コンプレックスなどネガティブな要素を強く持つ人は、裏を返せば強烈な個性の源泉を持っていると言うこと。

振り子の原理のようにマイナスの要素が強ければ、裏側にあるプラスの要素も大きくなる。

■リフレーム;枠組みを変える

⚫︎解釈を変えれば意味が変わる

ポジティブかネガティブかの違いは解釈を都合よく変換できるか?否か?

例えば、
頑固な →  意志が強い
せっかち →  行動的な
だらしない → おおらか
しつこい →  粘り強い
空気が読めない→ 動じない
状況は同じでも解釈を変えれば、弱みが強みと変わる。
この考え方をリフレームと言う。

⚫︎リフレームとは

リフレーミングとは、枠をはめ直すの意味。

ある出来事や物事を、今の見方とは違った見方をすることで、それらの意味を変化させて、気分や感情を変えること。
この技術は様々なところで使われているし、無意識にうちに使っていることが多い。

例えば、
身近な人が失敗して落ち込んでいた時に励ましの言葉をかけると思う。
仕事で失敗した時、「自分はダメだ」と思い込んでいる人に対して励ます人は、「良い経験が出来てよかったね」と言葉をかけたりする。

浮気されてフラれてしまい落ち込んでいる人に対して、「あんな人とは早めに別れて正解」などと言葉をかけたりすると思う。

自分が当事者でなく、相談者という立場の場合、このように物事を客観的に捉え、別の角度から解釈することをしている。

客観的に物事は捉えることは出来ても、自身が当事者となると極端に視野が狭くなってしまうことが、ネガティブの要因の一つとも言える。

⚫︎弱みを書き出す

自分のことを客観的に見ることは非常に難しい。それは感情が働くから!
問題の当事者でなければ、ポジティブにさせる励ましの言葉がかけられるのは、物事に対して客観視出来てる証拠。

自分のことを客観的に見ることが出来れば、物事の見方を変えることだってできる

その手段の1つとして、弱みや、ネガティブな感情を何も考えずに書き出すという方法は有効的。
弱みやネガティブなことは口に出すとさらなる深みにハマってしまう気がして口に出すことを躊躇してしまう。
そんな時は感情をそのまま紙に残す。
自分の弱みや悪い状況を書き出す。

書き出している瞬間は感情的にになっていて客観視出来ないが、後日冷静になった時にメモを読み返すと意外に冷静に判断出来ることもある。
このメモを残して過去の自分を振り返ることが、自分を客観視する方法としては良さそう!

⚫︎客観視出来たら変換

自分の感情や弱みを分析してみる。
そんな時にオススメなのがリフレーミング辞典!

【リフレーミング辞典】と検索したら、自分は弱みだと思ったことが解釈を変えると強みだと知ることができる。

自分が弱みだと思っていることも解釈を変えるだけで強みとなる。
自分を客観視することは、自身の可能性を知る手段として有効的。
自分では弱みだと思っていることであっても、他人から見たら強みと思えることが多い。

【無いモノねだり】や【隣の芝生が青く見える】とかよく聞くけど、それよりもすでに持っているモノの魅力を再発見すると言う方が手っ取り早いwww

灯台下暗し!!!

強みや魅力は実は身近なところにある。

■強みを見つける方法

⚫︎灯台下暗しとは?

灯台下暗しとは、遠くにあるものは気付くことができても、すぐ足もとにあるような、身近な出来事に関しては逆に気付くことができないといったことを表したことわざ。

日常生活や仕事など様々な場面において、些細なことが理由で損してしまっていたような状況を表すものとして用いられたり、そういったことを気を付ける心構えとして使われたりする機会が非常に多い言葉。

⚫︎短所は必ずしも悪く無い

短所だと思っていることも見方や考え方を変える。
その方法がリフレーム!

このちょっとしたテクニックを知っているか?知らないか?で考え方が大きく変わってくる。
嫌な環境や苦しい状況になった時、まずは状況を書き出し色々な解釈に当てはめる。

同じ状況でも沢山の解釈を持てるか?持てないか?が今後凄く大切になってくる力だと思う。

⚫︎I can do it.

出来ないと思い込んでいれば何も出来ないけど、出来ると思えば前には進む。

I can do it.
きっと何でも出来る!

■ひっくり返そう!

自分が好きな広告のフレーズ。

絶対絶命でも大逆転は起こりうる!
ただ、大逆転を狙わなければ何も起こらない!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました