信用回復に活かせる?【ゲインロス効果】良くも悪くもギャップが印象を強くする!

𖠅ビジネスで使える行動心理𖠅

凄く悪そうな見た目なのに、実際は凄く優しい人だったり、真面目そうなのに、実際は人を平気で裏切ったりとギャップがあるな〜と思う人がたくさんいる。

自分が印象が強く残っている人を思い浮かべた時、このギャップが強く働いている人はよく覚えている。

これからは確実に個の時代。
自分の価値をあげる為には、少しでも多くの人に印象に残る行動が大切。

ギャップ萌えという言葉があるように、ギャップを感じることに対して好印象を持つことがある。
一方その逆で、最初は好印象だった人が大嫌いになることもある。

身近な例えだと、
普段は物静かな人なのに飲食店など店員さんに偉そうに指示をする人をよく見る。
サービス提供者に対して「お客様は神様」と勘違いし態度を変える人は、周りがドン引きすることが多い。

他には、デートでおしゃれなレストランに行った時、食べ方が汚かったり、音を立てて食べたりする人をみるとドン引きする。

このギャップがその人の印象となり、悪い印象を持たれると人は離れていく。
悪い面でギャップの多くは相手を不快にさせ、結果自分の周りから人が離れていく原因ともなる。

■ギャップ萌え効果

ギャップがあることに対し印象に残る。
その心理効果をゲインロス効果という。

⚫︎ゲインロス効果とは?

ゲインロスとは言葉の通り、ゲイン(プラスの印象)とロス(マイナスの印象)を意味している

周囲に与えて印象をポジティブ、またはエガティブに裏切ることでギャップが生まれ、そのギャップが大きければ大きいほど強い印象を与える心理効果。

⚫︎ゲイン効果;マイナス→プラス

ツンデレやギャップ萌えというのは、ネガティブ(マイナス)な印象からポジティブ(プラス)に変わったことをあらわした言葉。

⚫︎ロス効果;プラス→マイナス

一方、好印象から嫌いな人に変わる場合は、ポジティブ(プラス)な印象からネガティブ(マイナス)な印象に変わった場合が多い。

自分の周りにいる人で、極端に嫌われている人を観察すると多くの場合が、ロス効果を強く働いている。
そして1番身近なロス効果が、「裏切り」の行為。

人は裏切られると、その人のことをずっと悪い印象を持ち続ける。

⚫︎信用を失う→ロス効果

信用を失った経験は必ずあると思う。
信用を失った行動や言動を思い浮かべるとわかりやすい。

信用とはプラス→マイナスに変わった現象で、このギャップが大きければ大きいほど取り返しのつかない状態になる。

■信用こそが印象のバロメーター

ゲインロス効果を考えた時、1番しっくりくる判断基準が信用だと思う。
信用は良くも悪くも積み重ね。

長年積み重ねた印象が信用になり、期待を裏切った時に信用は地に落ちる。
そして信用を失う。

これこそ日々の積み重ね。
信用こそが自分の印象のバロメーター!
このバロメーターが高くても低くても、強い印象を持たれるということ。

⚫︎印象が残らない人

印象に残らない人というのは、良くも悪くも信用されていないということ。

普段の言動、行動が中途半端だと印象に残らない。無難に波風立てずに過ごすことは決して悪くない。
でも印象に残らない人って凄く悲しい気がする。できれば印象に残る人でありたい!

そう思うのであれば、信用を勝ち取るために何をしなければいけないか?を考えるしかない。
その1つの手段がゲインロス効果を活かしたギャップを作り出すことだと思う。

■信用を失うこと

人は完璧ではない。
自分の行動や言動で信用を失うこともたくさんある。

信用を失った時、悪い印象が相手に残る為、挽回することが非常に難しい。
プラスからマイナスの幅が大きければ大きいほどその印象が大きい。

言葉を変えれば、期待をかけられて裏切った時は恐ろしい位悪い印象だけが残る。
それでも信用を挽回しなければいけないことがたくさんある。

失った信用を挽回できる一発逆転の便利な方法はない。
コツコツ信用を積み重ねる以外に解決策はない。

でも一度失った信用を挽回した時、それが強烈な印象と変わる。
マイナス→プラスに変えられたらそれが印象となり信用に変わる。

信用を失ってしまった時、自信を無くすことだってある。
でも毎日コツコツ進めばきっと信用は回復すると思う。
自分を信じればなんだってできる!

もし、辛い状況になった時、ゲインロス効果を考える。
マイナス→プラスに変わった時、それが信用に変わり自信となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました