【迷った時の判断】やらない後悔よりやる後悔!?やる後悔しないための判断基準!

𖣯日々の気づき𖣯

何かを決める時、どちらが良いか?悪いか?の判断に悩む時がある。
人によって選択の判断基準は異なり、決断に対して100%正解を出し続けることは不可能。
100%正解がない選択だから迷ってしまう。

そんな時、自分がどんな判断基準で物事を決めているかをあらかじめ知っておくことは凄く大切のような気がする。

あらかじめ判断基準を知っていれば、判断に迷ってしまうこと、後悔の回数を減らせるかもしれない。

やらない後悔より、やる後悔!
あとで後悔するなら、やって考えろ!ということが言われるけど、個人的には、やって後悔することがあるのであれば、その時に少しでも後悔をしないようにできれば良いと思う。

後で悔やむことを極力減らす方法が、別の判断軸を持つことだと思う!

■個人の判断基準

⚫︎自分の判断基準と向きあう

自分の判断基準がどのタイプかを客観的に知っておくことは大切。

例えば、
好き?嫌い?で判断する人は、嫌いなことは、たとえ正しいと分かっていても選ばない、感情的に物事を決めることがある。
ただし、好き嫌いの判断の場合、決断が早く行動まで早いというメリットもあり、全ての判断は一長一短があり、表があれば裏もある。

好き、嫌い以外でも、全ての判断が表裏一体だから悩むし、判断ミスをおかしたりしてしまう原因となる。

⚫︎感情と論理の判断

判断基準は自分の特性にも関係している。まずは自分の特性を知る。

関連ブログ⬇️⬇️⬇️

判断基準をまとめると「感情で判断」「論理で判断」と分けられる。

【感情的判断】

  • 好き、嫌い
  • やりたい、やりたくない
  • 面白い、面白くない

【論理的判断】

  • 正しい、間違っている
  • 得、損
  • リスク&リターン

この判断軸を分析すると【感情的判断】は突発的な行動の源となる。
【論理的判断】は問題解決の基準となる。

論理的判断の方が良さそうな気がするが、論理的判断のデメリットは過去の正解がないケースへの柔軟な対応が難しい面がある。

■ビジネスでの判断

⚫︎論理的判断が重宝

仕事をしていると判断を求められるケースが多くある。
日本はミスを許さない風潮がある。

企業倒産が良い例で、一度失敗した人が這い上がれる環境や機会が圧倒的に少ない。
その為、ミスをしないように安全策(過去の成功例)が判断基準になることが多い。

出る杭は打たれる!

この言葉は、集団思考、平均化を好む日本人特有の考え方で、目立った才能、人材は強制的に平均化させること。

⚫︎重宝される人材

例えば
この2つのケースでどちらが重宝されるか?
①新しいアイディアを次々とだし、大きな成功もあれば、失敗も目立つ人材
②新しいアイディアはないが、大きな成功もなければ、失敗も目立たない手堅い人材

企業体質によって異なるが、多くの場合②の人材が今までは重宝されていたと思う。

①の人材は感情的判断思考が強い人が多い。
②の人材は論理的判断思考が強い人が多い。

①の感情で動く人材は組織の輪を乱す可能性が高く、扱いづらい。

一方、論理で動く人材は企業にとって扱いやすい。
このように分けると、ビジネスの場においては論理的判断をできる人が重宝されていた。

それは、経済が常に成長し続け、世の中が求める人材が問題解決力だったから。

⚫︎感情と論理のバランス

これまで論理的判断ができる人材が重宝され、感情的判断で動く人材は伸び悩むことが多い。

このような社会構造の中で、感情で動く人がいきなり論理で動く人になることは不可能。
ただ、感情を一旦落ち着かせ論理的思考を身につけることは必要!
一方、これまで重宝さえていた論理的判断のみを繰り返してきた人は苦しくなる。
それは未来が複雑に変わってきているから。

例えば、
誰も想像出来なかったコロナ禍で、乗り切れた人とそうでない人を比較した時、感情的判断で行動した人が乗り切れた人が多い。

論理的判断では未来を予測することが出来ず、身動きが取れず行動しない、動かないという選択をとってしまい状況を悪化させたケースも多い。

このように、感情、論理ともにバランスよく身につけることが、誤った結果にならない方法の1つ。

⚫︎ミスが許されない

ミスが許されない環境下では、感情を押し殺し論理で強引に納得させようとすることもある。
そして後悔をする。

全ての判断は後悔しないための行動。
そんな時は、別の判断基準をあらかじめ用意していると良いと思う。
その判断基準が「希少性の有無」

■やる気→希少性の有無

⚫︎1つの判断基準

判断基準として感情、論理ともバランスよく身につけることで、行動に移そうとする。
その場合、やりたいこと、やりたくないことに分かれる。
やりたいことでも、その決断が間違っていないか?不安になる。
一方、やりたくないことでも、やらなければいけない状況もあり、不安になる。
それでも、最終的な判断は「やる気」を持って行動できることか?否か?

まずは、自分の行動に対しやる気があるかないかは凄く重要。
やる気がない行動は、長続きしない。
結果時間の無駄となるから、それだったらやる気がないならやらないのも判断の1つ。

1番つらいのがやりたくないけど、やらなくてはいけない時。その時の判断基準は論理的判断だと思う。
正しいか?間違っているか?を自分で納得させる。それはやりたくないことでも行動するなら覚悟を決めてやる気にならなければ必ず失敗するから!
そして、その失敗を必ず他人事として、
「あの時、行動したのが間違った」
「やりたくないことを押しけられた」と他人の責任にし、結果後悔する。

まずは、どんな行動もやる気を出す方法を見つけることからスタート!

⚫︎やる気になっても迷う

やる気になっても迷うことは多い。
そんな時の判断基準が希少性の有無!
その行動が希少性があることか?否か?

希少性がない判断は、言わば「誰でもできること!!!」
誰でもできることは、すぐにマネされる。

⚫︎経済学の希少性とは?

経済学において希少性とは、
生産資源やそれから生産される財やサービスの利用可能量が、人間の欲望を満たすためには不足している状態のこと。

例えば、天然ダイヤモンドがなぜ高いか?

見た目ではほぼ見分けがつかないダイヤモンド。

現在、合成ダイヤモンドが出回っているが、天然ダイヤモンドの価格が下がらないのはまさに希少性。
単純に何千年もかけて自然に生成された天然ダイヤモンドの絶対量が少ないから!

このダイヤモンドの希少性を解消するために、合成ダイヤモンドが開発されても、天然ダイヤモンドの希少性そのものは解消されることがないから天然ダイヤモンドは高くなる。

■希少性が差別化であり個性

判断に迷った時、考えるべきは希少性。
それは希少性さえあれば、それは個性となり結果差別化の要素になる。
希少性がないものに関しては、良い成果を出した場合は間違いなくマネされ、同質化が進む。

⚫︎希少性を失ったアパレル業界

アパレル業界がまさに希少性が崩壊した例で、昔は日本で限られた数量だけを作られていたから、希少性もあり百貨店などで高額な服が売れていた。
でも海外から安く、良いものが大量に流れ込み、「生産数が少ない」という希少性が薄れてしまい、値段の安い海外製品と日本製品との差別化が全く出来なくなったのがアパレル産業衰退の原因。

衰退したアパレル産業でも売上を伸ばしている中小規模のブランドを観察すると「希少性」が明確にある。

関連ブログ⬇️⬇️⬇️

このように希少性という軸で判断すると少しは迷いが少なくなる。

それはやる気があっても希少性がなければ、行動しないという判断も1つの方法。必ずしも行動が正解ではないし、行動したから後悔しないわけではない。

ただし、この行動しない判断こそが【やって後悔】を防ぐ方法の1つだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました