【幸せとは?】物じゃなくて自分の状況に満足できる人は勝ち!

✏︎学んだこと✏︎

最近、なるほどと共感えたこと。
「幸せ」ってどんなこと?という問題の答えに近いかもしれない。
精神的に落ち着いていたり、嬉しいことが続くと「幸せだぁ〜」と口ずさまむことがあると思う。

普段何気なく使う言葉だけど、どのような時に幸せと感じるかを考えた時、抽象的な答えしかなかった。

そんな時、アナザースカイで厚切りジェイソンが自分の中では、確かにという幸せの答えを言っていた。

物じゃなくて自分の状況に満足できる人は勝ち!

幸せを勝ち負けと表現するところが、何とも海外の人っぽいけど、
「自分の状態に満足できるか?否か?」
が幸せを感じることだと共感!!!

■幸せの価値観

⚫︎個人差がある幸せ度合い

価値観によって幸せの基準は異なる。
嬉しい≒幸せ ではない気がしていた。
幸せとは、自分に満足できる状態が続くこと。
一時的なことではなく、継続できる状況こそが幸せ。

富や名声を持つことが幸せという考え方があったとしても、形のあるモノを得ることが目的となった場合、幸せな瞬間はおそらく目的を達成するために頑張っている状態と、目的を達成した瞬間。

形のあるモノを得ることで感じた満足感は、目的を達成した場合、満足感の度合いは時間を追うごとに下がっていく。
自分の満足度を維持するということは難しいから、幸せを続けることが難しいのだと思う。

幸せとは、心が豊かな状態の継続。

この考え方を当てはめると、個人差がある幸せの度合いが納得できる。

富や名声があっても心が豊かでなければ全く幸せそうに見えない。
一方、富や名声はなくても毎日笑顔でいられる環境を得ている人は憧れる。

⚫︎お金と愛のどっち?

よく結婚の条件で、お金と愛どっちが重要?という問題がある。

その答えは、「どっちも重要!」だと思う。

お金は物的欲求を満たしてくれる道具。
お金がなければ、住む環境、やりたい事、買いたいものなど、最低限の選択の自由を得られない。
一方、愛だけがあったとしても時間の経過とともに満足度は減っていく。それは、時間の経過とともに環境が変わるから。
そして愛を冷めさせる原因となるのがお金。

例えば、
子供の成長にあわせてお金がかかる。
お金がなければ子供の選択肢を狭めてしまう。

「留学が行きたい」
「あんなところに旅行に行きたい」
「友達も持っているアレが欲しい」
お金がかかるようなことが多くなる。
そして、お金を稼ぐために共働きをし、やりたくない仕事もお金のために続ける。
この状態がお金に支配された時。

⚫︎お金に支配される

お金に支配された状態は不幸せの道をたどる。
「お金のために!」「お金のために!!」という毎日。
その状態で自分が満足できるか?と言われたら間違いなくNO。

一方、富や名声を得ることに満足する人は、本来お金からの支配を逃れるために頑張って富や名声を得たにも関わらず、更なる高みにとお金に支配されることが多い。
その典型が成金!

お金の支配されない程度の生活が維持できる稼ぎがあって、愛の継続が可能となる。
お金は、選択の自由を得るための必要最小限の道具ということ。

■幸せのハードル

⚫︎お金と幸せ

お金はあるにこしたことはない。
でもどんなにお金があればという基準があるわけではない。

有名な年収と幸福度をあわらしてた図。

年収800万付近がどうやら、お金に不自由なく選択ができるラインみたい。
面白いのが、800万を超えても幸福度が右肩上がりではないと言うのが、
【幸せとは?】物じゃなくて自分の状況に満足できる人は勝ち!お金≠幸せとあわらしている気がする。

⚫︎男女価値観の違い

少し前に内閣府が調査した結果が面白い。
男女の価値観の違い。

この結果でわかることは、年収が450万を境に男女の価値観が異なる。
男性は実は愛をもとめる人が多く、女性はお金。
おそらく女性は現実的に物事を捉えているから、綺麗事ではなく普段の生活を豊かにするためにお金を得ることで満足度が上がっていくのだと思う。

男性と女性の元々持っている価値観の違いが少しづつズレていくと愛が冷めた状態になり離婚の原因となる。
この結果を見ると、男性はお金を稼ぐために働くのは良いけど、家族の時間をつくらないと女性は夫=お金を稼ぐ道具 と変わるよってこと(笑)

よく考えると、結婚の条件で女性は「お金」と答える人は多いけど、男性で「お金」って答える人は少ない!?ってことかもね。

特に男女のお金への価値観ってすごく重要。
このお金の価値観がお互い低いと良い関係が続く。

女性でお金が全て!と豪語している人が、老後幸せになっている人を見たことがないのは、若いうちは男性がチヤホヤしてくれるけど、歳をとって外見に魅力がなくなった瞬間に捨てられる。

若いやすい例が加藤紗里。。。
今、彼女に需要があることすら謎だけど、あと数年先、間違いなく需要は0になり、その後一気に老け込むだろうなぁ〜と予測。今はお金を持っているかもしれないけど、全く羨ましいと思わないし、それに貢ぐ男に1mmも憧れない。

■自由を得るため

⚫︎お金の使い方

お金は使い方で幸福度をは変わる。
雑にお金を使えば、その人のお金の価値は下がり、大切な存在として使えばお金の価値は上がる。

例えば、
楽して稼いだ、もしくは使えるお金は価値が低い。
2世芸能人がことごとくポンコツなのは、お金の正しい使い方を知らないまま、お金を与え続けられただと思う。
一方、貧しい生活で親が苦労している姿を見てもらってお金はすごく貴重に思う。
お金の金額ではなく、親が苦労して得たモノとして認識するから、お金の価値は高く、そのお金の使い方は大切にする。

このお金に対する基準を低く保ちつつ、最低限のお金を稼ぐバランスが心にゆとりを持たせ、その状態が自分の満足度となる。
この状態が続くと、「幸せ」となる。

⚫︎自由の定義

アナザースカイの中で厚切りジェイソンが自由定義についても話していた!

「自由の定義」とは
ジェイソンさんは「やりたくないことは断れるほどの存在っていうことですかね。完全に仕事のために生きていれば、それはやりたくないことが日々来たとしてもしょうがなくやる必要があるんだけど、それはちょっと嫌ですね」

「基本稼いで、それを自由になるために将来のために投資してる感じが多いんですけどね」

まさに共感!!!

お金を稼ぐことは自分で選択できること。
そして『やりたくないことは断れるほどの存在』になることで自由を得られる。

⚫︎幸せを維持する方法

幸せは、物じゃなくて自分の状態に満足すること。お金に対しての価値観のハードルを低く保ち、最低限の自由を得る為にお金を稼ぐ。

そして『やりたくないことは断れる存在』になれることが幸せの継続だな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました