人に伝えるための言葉選び。『論理』とは、人と人をつなぐ理解のかけ橋!相手目線で言葉を選ぶ

𖧷心がけること𖧷

自分の考えたことを誰からに説明する。
直接話す場合は、自分や相手の表情や仕草で物事を説明することができるが文章になると難しい。

文章は人の個性が現れる。
例えば、お題が難しい専門書を読んだ時、内容が理解できる本とそうでない本がある。
自分のような本を読むことが好きではないタイプにとっては、ただ物事の事実や知見だけを説明しているだけの内容の本はすぐに眠くなってしまう。
仕事で何かを調べたい時、専門用語が延々と並ぶような内容だとすぐに眠くなる(笑)

「眠くなる本と眠くならない本の違いは?」

その違いは文章に作者の感情が感じれるかの差なと思っている。
そして、読みやすい本は言葉の使い方が非常に丁寧で誰でもわかる言葉を意識的に使われている気がする。

難しいことを噛み砕いて相手に伝える。
簡単そうで凄く難しい。

自分の考えたことを誰かに伝えたい。
このブログの趣旨がまさにそう。

自分の頭の中を整理することと同時に、ビジネスや心理効果など、興味がない人が多いジャンルで少しでも自分の言葉で簡潔に伝えることができないか?の葛藤。

文章を書くときに何を意識したら良いか?と考えたとき、知ったのがこの文章。

『論理』とは、人と人をつなぐ理解のかけ橋

相手に理解してもうことは自分の考えに共感を得ることだと思う。
その意味では相手に理解してもらえるように工夫されていることが大切ということ。

■道筋の通った考え方

論理という言葉を調べていたら面白いモノを発見。
基礎力財団というところが国際基準⁉︎論理文章能力検定ということをやっている。

文章をわかりやすく伝えるという課題は世界各国で考えられ学問となっているのに驚きを感じた!

⚫︎論理と理論の違い

「論理」という言葉を見た時、自分は「理論」と同じ意味では?と誤った解釈をしていた。

論理とは?

論理とは、英語ではLogic(ロジック)
思考や議論を進めていく上での道筋のこと。
簡単にいうと「話の展開の順序」となる。

「論理」の漢字をみると「論ずる理(ことわり)」「論理」=「話したり、考えたりする上での道筋」という意味。

理論とは?

理論とは、英語ではTheory(セオリー)
個々の事実や現象を統一的に説明するために道筋を立てて組み立てられた知識の体系のこと。

「説明するために道筋を立てて」とは「論理的」つまり「理論」は「実際に起こったことを論理的に説明するための原則的な考え」をいう。

「理論」の漢字をみると「理の論」
「理論」=「道筋の見解」=「道筋の通った考え方」という意味であもある。

筋の通った考え方を別のモノで例えると、一貫性。
そして一貫性がない人や文章は信用がないから伝わらないということ。

■わかりやすく伝える

⚫︎理論武装しすぎない

人に伝わらない言葉や文章の多くは、相手の脳への負担が多い場合。

例えば、
どの分野でも専門知識が豊富な人が、素人に内容を説明する場合陥ることは、『自分の知っていることは相手も知っている』ということを前提に専門用語や数式などをダラダラ説明することが多い。

その場合、相手はそもそも専門知識がないから専門知識を持った人に質問しているのに、全く聞きなれない専門用語を処理できず嫌になる。

⚫︎教え方が下手な人の共通点

人に何かを説明する、教えるということは、相手の目線にいかにたって、言葉を選んで伝えるかということだと思う。

教え方が下手な人を観察すると、間違いなく自分軸で話を進めていく。
#自分も注意しなければいけないな。。。

理論武装して完璧な道筋を立てたとしても、それは伝わらなければ宝のもち腐れ。

専門家あるあるでもある理論武装で満足する人。
知識は第三者に伝えられて初めて自分のスキルとなる気がする。

■相手に理解される論理とは?

⚫︎分かりやすい表現とは?

『分かりやすい』という言葉を別の言い方で表現すると、相手と知識を分かち合えるくらいに理解しやすいことと言い換えられる。

相手と知識が分かち合えた時、
「なるほど!」「凄く理解できた!」などの言葉が生まれる。

この状態が作れることが、分かりやすい表現。

⚫︎分かりやすい表現にするには?

分かりやすい表現には3つの注意することがある。

①相手がわからない言葉は使わない

もし相手がわからない言葉を使うのであれば、その言葉を説明する必要がある。
専門用語を使い続けると相手に理解されないのは、相手にとって今使っている専門用語が知らない言葉だからということ。

②相手が何に対して疑問を持っているか察する

なぜ?と感じるポイントは相手によって違う。
相手が既に理解していることに対して、懇切丁寧に説明することは相手にストレスを与える。その結果、相手に対して主張が届かなくなる事態に発生することがある。

特に会話のテクニックではあるが相手の表情を見ながら知識レベルに合わせた言葉使いが大切ってこと。

③なぜ?に対する理由の根拠を持つ

なぜ?と思った時に理由を説明する。
その場合、理由の根拠が必要となってくる。これが理論。

なぜ?が生まれた時に説明できる明確な根拠を持つことが理論武装だと思う。

■言葉のかけ橋

どんな主張も、相手の心との間に橋がなくては伝わらない。
論理とは相手に理解してもらうために築く【言葉のかけ橋】のこと。
そして、主張には一貫性が大切。

一貫性がない主張は信用を失う。

人に何かを伝えるって難しいけど、こうやって色々考えて試して成果が実感できると嬉しくなる。
相手に理解してもらうために言葉を選び、相手と情報を分かち合う!
このテクニックが自由に使える人が、言葉を扱うプロってことだな。

⚫︎人に伝わりやすい文章

最後に眠くならない文章というのは、思いがあるかないか?
論理の土台があり、表現者の思いが現れている文章が人に伝わりやすいモノだと思う。

論理だけでは心に響かない!
一方思いだけでも心に響かない!

論理と意思のバランスが取れたモノこそ多くに人に共感されるモノだということだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました