気楽に生きれる人の特徴!完璧主義ではなく最善主義!!!

𖧷心がけること𖧷

『気楽に生きられたら!』と思えば思うほど肩の力が入ってしまう。

タモリさんから学ぶ、気楽に生きる5つのコツ

①何事も期待しない
②好かれよう、好かれようと思わない
③自分を客観視する
④自分の欠点を受け入れる
⑤いちいち反省しない

気楽に生きるためには、他者への期待、好感度を捨て、自分を客観視し全てを受け入れ、後に引きずる反省はしない!

気楽に生きるためには、意識的にストレスを溜め込まない、ストレスを排除することが大切。
言葉では理解できていてもなかなかできない生き方だけど、自分ができることから始めることで【気楽に生きる】を目指す。
#為せば成る

関連ブログ⬇️ 気楽に生きるコツ

今日は気楽に生きれる人の特徴を知り、自分に取り入れられることがあれば採用できたらいいと思うこと。

■気楽に生きている人の特徴

気楽と感じだけどみると何も考えていない人のように感じるが、気楽に生きている人ほど色々考えている気がする。
力の入れどころと抜きどころ、このバランスが大切で、そんな気楽に生きている人の特徴をまとめてみる。

①完璧を求めすぎない

ストイックになればなるほどストレスがかかる。

”自分ルール”が厳しい人の多くは、完璧を求めすぎるとそれだけ細かいところを追及しなければならなかったり、人に注意したりすることにもなり、できないことへのストレスをためやすい傾向がある。
たまには「この位だったらOK!」と力を抜くところは抜いた方が自分の気持ちも楽になる。

「絶対○○しかダメ!」という完璧主義者は気楽に生きることは逆に苦痛だから、目指さない方がいいかもね。

完璧主義ではなく最善主義!

②自分と他人を比較しない

「あの人には負けたくない」などライバル意識を持つことは成長にもつながるけど、比べすぎるとよくない。
特に自分を肯定するための言い訳や妬みのようなに比較は何もうまない。

例えば、
「あの人は○○だから〜」
「あの人は才能があるからできる」
「自分はあの人と違うからできない」
人それぞれ違うにも関わらず、ないものねだりになってしまったところで何も残らない。

自分は自分、他人は他人と割り切る!

③自分の気持ちに素直

自分の気持ちに素直にいられることは簡単そうで難しい。

やりたいことをできる。
好きなことを貫くことができる。
嫌いなことをハッキリ言える。

自分の気持ちを貫くことは見方を変えると自分勝手ととらわれやすいけど、それは違う気がする。
主張を隠してやりたくないことや嫌いなことを押し付けられている環境では良い成果はあげられない。
さらに自分の気持ちに素直だと極端に心が疲れたりすることが少なくなり、どの行動も自分の意志で楽しむこともできる。

自分の意思で決めて行動する!
これがモチベーションの源でもあり、ストレスを溜めない方法でもある。

関連ブログ⬇️ 素直な人の特徴

④心に余裕持つ

全てのことに言えることだけど、心に余裕があるかないかは非常に重要。
そして常に自分の心に余白を作る。

何事にも「なんとかなる!」って思っている楽天家は心に余裕を持っている。
楽天家ではないならお金も心の余裕をうむ。

心の余裕を持つためには最低限のお金を持つことで、お金の障害でできないことを減らすことって結構大切。
やりたいことがあるのにお金がないからできないって結構残酷。
綺麗事だけでは心の余裕は生まれないってことだね。

自分を客観的に見た時にどれ位お金を持っていれば心に余裕が生まれるか?はリアルに考えて動いた方が絶対に良い気がする。

心に余裕がない状態だと、冷静な判断ができないことが多く新しくきた課題に対処することができず、どんどん焦ってしまいミスを連発してストレスを溜め込む。

関連ブログ⬇️ 余白の大切さ

⑤自分を信じる

自分の行動や決断を信じることは大切。
色んな経験を積んで自信をつける
努力して知識を増やして自信をつける
沢山褒められることをして自信をつける

自信の付け方は人それぞれだけど、自信が心のゆとりにもなり結果肩の力をを抜くことができる。

■気楽に生きるために使わない言葉

気楽に生きるためには普段から使わない方がいい言葉がある。

●もし使っていたら辞めた方がいい言葉

相手を否定するような言葉

「なんでできないの?」
自分と他人を比べるから否定がうまれる。

自分を否定するような言葉

「どうせ自分はできない」
何事も諦めてしまったら何もできないし、自分の1番の理解者は自分。
自分が諦めたら上手く行くこともいかなくなる。

自分の意思に反して合わせにいった言葉

「自分もそう思いました」
自分の意思に反してその場の雰囲気に流されることは多いけど、流されて続けると嫌なことが断れない自分のなってしまう。

自分を追い込んでしまう言葉

「絶対大丈夫!!!」
過度に自分を追い込む言葉はモチベーションにもなり、プレッシャーともなる。
プレッシャーに強ければ自分を追い込むことはいいけど、追い込みすぎると余裕がなくなるのでほどほどに。

■最後に

完璧にこなせる人はカッコいい。
100%完璧を目指して肩の力が入って辛くなるなら、最善を目指すという少し肩の力を抜いた生き方に憧れる。
気楽に生きている人を観察すると、自分もどうせならそうなりたいと思う。
まだまだ気楽に生きられるのは難しいけど、目指したい自分像。

気楽に生きている人って、なぜか目がキラキラしている。

それは自分の気持ちに素直に行動し、好きなことを楽しんでやっているからかなって思う。

嫌なことは断る!

やらないことを決めて貫ければそれが気楽に生きることにも繋がる気がする。

の〜んびりできるのはまだまだ先だけどいつかきっとそうなりたいなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました