「仕事ができる人」を目指す為に意識する4つの話し方!

𖠅ビジネスで使える行動心理𖠅

どうせなら「仕事ができる人」と思われたい!って思ったことないですか?
僕はせっかく仕事するなら「仕事ができる人」と思われたい(笑)
周りからの信頼が厚い人は総じて仕事ができる。
仕事ができる人=周りから信頼を得ているってこと。

今日は、周囲からの信頼を得るために意識した方がいい4つのことを紹介。
#自分も意識したいこと

■「仕事ができる人」の行動を観察

⚫︎「仕事ができる人」の話し方の4つの特徴

仕事ができる人に思われたいなら、自分の周りにいる尊敬できる人を観察する方がいい!
尊敬する人が社内にいなければ、社外など自分が目指したい人の行動や言動を観察することが1番手っ取り早い。
「なぜ、あの人に憧れるのか?」
「なぜ、あの人の周りには人が集まるのか?」

何人かいる「仕事ができるな〜」と思う人を観察すると4つの特徴があることに気がつく。

①結論を最初に持ってくる

結論を最初に持ってくることで、話の軸がぶれたり、必要以上に広がり過ぎたりすることを防くことができる。
聞き手の興味を引くために、あえて結論を最後に持ってくることもあるけど、時間に限りがあり、様々なことを同時に進めているビジネスの場面では、何を言いたいかを最初に持ってくることで、簡潔そして要点をおさえて相手に伝えるような話し方の意識が大切。

「要点を押さえて簡潔に結論から話す!」

知り得た情報を全て伝えたいと思ってしまう自分はペラペラ話すけど、結果的に大切なことを相手に伝えきれているか?と改めて考えた時、必要以上に広がりすぎた話は相手に伝わっていないなぁと反省。。。

②話を言い換えることができる

仕事ができる人は、相手の求めることをきちんと理解している人しているということ。
そして、理解したことを他人に説明できる人。

自分の理解したことを第三者に的確に説明できてこそ一流。
自分が話したことを「つまり◯◯ということですね」とまとめられたり、違う表現で言い換えられたりすると、「そうそう、そういうことを言いたかったの!」と思える話し方が大切。

その為には、要点をおさえ簡潔にまとめるたり、言い換えたりすることで、相手と自分の認識が合っているかを確認するような話し方の意識が大切。
自分では理解しているけれど、他人に説明することはできないのは、その仕事を本当に理解している状態と言うことではないよってこと。

③相手に合わせた言葉選び

相手の立場に合わせた話し方をすることも非常に大切。
その分野について全く知識のない人との会話に専門用語を多用することはNG。
そんなことをすると相手を混乱するだけでなく、何度も意味を聞かれるなど、時間がかかるだけ。

仕事ができる人は相手に合わせた言葉を選んでいる。
自分は新しいことを作るのが好きで同じ考えの人を集めて商流を作ることは得意だしできるけど、上司に説明するのが苦手。

それは、相手が自分と同じ知識、考え方を持っていることを前提に話してしまうから要所要所を「知っているでしょ」ってほとんど割愛して結論だけ話す。
当然、新しい技術や考え方を全く知らない人にしてみたら「???」となり混乱する。
誰にでもわかりやすく説明するって結構難しい。

相手に「伝える=理解してもらう」ことが目的なので、一人ひとりに合わせた言葉選びの意識は大切!!!

④自分の言葉に責任を持つ

仕事ができる人は、自分の無知を誤魔化すようなことはしない!
わからないことを変に誤魔化そうとせず、素直にわからないと認め、詳しい人に聞いたり、自分で調べたりする。

知ったかぶりは良くないよってこと。

同様に、他人から聞いたことと、自分が直接見聞きしたことを混ぜないようにする、断言できないことは断言しない、なども気をつけている。
自分の言葉に一貫性がないと信用を失うし、他人から聞いた情報だけを鵜呑みにして話してしまうと話しの中身が軽くなる。

自分の言葉に責任を持つことで信用を獲得する。

■日々の意識の積み重ね

仕事ができる人の話し方の4つの特徴を改めて自分に当てはめてみる。
①結論を最初に持ってくる
②話を言い換えることができる
③相手に合わせた言葉選び
④自分の言葉に責任を持つ

この4つができている!と自信を持って言える人はいいけど、そうではないならまずは日々の意識から始める。
自分はどうかな?って考えた時、どうやら自分はまだまだ「仕事ができない人」ってことが理解できた。

話は必要以上に広がるし、要点だけを人に説明するのも苦手。さらには相手は同じ知識を持っていると思い話の要所を端折るから、結局細かく突っ込まれて説明の時間だけがかかる。
他人から得た情報を鵜呑みにしてそれをそのまま他人に伝えるから話が軽くなる。
全然できていない。。。
でも改めて見つめ直したことで、意識を変えることができる。
今はできていなくても、まずは自分を知りどうするかってことから始まる。

自分は「仕事ができる人の話し方ではない」と認識し、まずは仕事ができる4つのことを実践している人を研究する。
そうやって毎日少しずうの意識変化が習慣となり気がついたら自分もできるようになると思う。

すぐにはできなくても意識すればできること。

頑張ろ〜!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました