高校野球を支える高野連もクラファン頼み⁉︎、入場料を収入源の柱にするエンタメはリスクしかない!

✏︎学んだこと✏︎

誰も想像想像できなかったコロナウィルスの猛威。
感染者数が増えれば「緊急事態宣言」を発動されるとイベントは中止もしくは入場制限させられ、飲食店も時短営業に収入減の大きいお酒が提供出来なくなる。

緊急事態宣言の発動の効果は、発動の回数が増えると緊張感や効果は薄れ、多くの人は「今って緊急事態宣言だったっけ?」と思うようになる。

営業を止めさせられるのに国や自治体が補償してもらえなくなると「食っていくために」動かなくてはいけなくなる。
「食えなくなる」という思考が強くなれば、ルールを守るという感情は薄れてくるのは理解できる。

多くの人が不安を抱える今。

自分の身は自分で守るしかない状況に追い込まれたことで、全てのサービス提供者は売上の作り方を改めて考えさせらられることになった。
対面販売中心からオンライン販売に移行。
店舗提供から宅配に移行。

さまざま施策があるけど、特に動きが激しいのがエンタメ業界。

高校野球を支える高野連がクラファンを活用して少しでも別の形で収入を確保している動きに注目。
エンタメ業界が抱える課題を改めて考えることで、マインドチェンジのきっかけにしたいと思う。

■入場料、グッズ収入頼りの限界

⚫︎入場料、グッズ収入は博打

コロナ禍において、いつ緊急事態宣言が発動され無観客、もしくは入場制限が関わるかは誰も予測はできない。
「○月頃なら大丈夫」といった判断で進められたイベントはまさに博打と同じ。

ライブ、劇場、スポーツイベントなど当日の入場料、グッズ収益のみで開催されるビジネスモデルはコロナ禍では悪手でしかない。
突然の入場規制やそもそもイベント開催すらできなくなると収益がなくだるだけではなく、会場費、設備費、その他イベント当日までに人件費などの費用がそのまま負債として残る。

まさにお手上げ状態。
今はまさに開催ありきのイベントは博打と一緒。
だったらイベント当日で資金回収するビジネスモデルからマインドチェンジさせるのが今ってこと。

⚫︎日本高校野球連盟(高野連)の例

去年は開催できなかった全国高校野球大会。
今年は無事開催はされているけど、急遽無観客開催になり、主催、運営をしている日本高校野球連盟(高野連)の苦し紛れ戦略は今の苦境から抜け出せない多くの企業と似ている気がする。

日本高校野球連盟(高野連)の収支を見ると開催前提の予算組みは既に崩壊していることがわかる。

コロナ前の2019年度
入場料収益 9.87億円、
経常収益11.47億円の86%で入場料収入が高野連の主な収入減。

春夏の甲子園が開催できなかった2020年度
入場料収益 0円
経常収益9635万円と前年度の1/12まで減った。
2020年は誰も予測できない事態だったことも考えたら何も対応できなかったのは理解できる。

コロナ禍開催リスクを踏まえて2021年度予算
入場料収入 8.28億円予算。
春の選抜大会は1万9000席販売することを前提
夏の選手権大会は全席販売することを前提
そもそもこの前提条件に無理があるし、何よりコロナが収束するという希望的観測で作った架空の予算ってこと。

当然、希望的観測の予算数字だけを積み重ねた結果、春の選抜大会は1万人が上限となり、夏の選手権大会は関係者を除いて無観客となった。
入場料収益頼みの予算は大きく未達は確定。

そんな状況で少しでも収益をということで7月28日にA−portという、全く聞きなれないクラファンサイトで目標金額1億の企画。

そもそも、今回みたいに無観客開催は予測できなかったのか?
いや、予測はできたと思う。

■クラファンは便利な課金装置ではない

⚫︎クラファンをやるなら計画的に!

クラファンを収入の足しにするということは間違っていないし悪いことではない。
でも、7月28日に一部の高校野球ファンしか知らないA-portというサイトで1億もの大金を集めることはそもそも不可能に近い。

8月22日時点で支援金額は1,180万。
達成率11%という悲惨な状況。

夏の高校野球という歴史あるイベントでファンも多いはずなのに全く支援が集まっていない。

その原因は明確。
一部のしか知らないサイトでは支援したいと思う人がそもそも支援サイトまでアクセスしない、さらにやっつけ感がありすぎる。
もう少しクラファンのことを知っていたら、支援を集める方法も企画を立ち上げる時期も変わっていたと思う。

春の選抜大会で観客制限された時には、夏の選手権大会で全席販売が不可能なのは誰が見てもわかること。
その現実を指をくわえて願っていたのが問題だと思う。
しかも「A-port」というマイナーサイト。
CAMPFIREやREADYFORのような有名なクラファンサイトであれば、もう少し結果は変わっていると思う。
それは、CAMPFIREやREADYFORには既に過去に支援したことがあるお客さんがたくさん存在しているから。

⚫︎クラファンの失敗あるある

今だに、クラファンの企画を立ち上げればお金が降ってくると思っている人や企業、団体が多くある。
高野連のクラファンはまさに、お金が降ってくると思っているケース。

クラファンはあくまでお金を集めることができる方法であって、必ず支援が集まる便利な課金装置ではない。
でも多くの人は便利な課金装置だと思い込んでいる。

関連ブログ⬇️クラファンで失敗する人の共通点


⚫︎他者目線にかける企画内容

A-portで立ち上げたクラファン企画の内容はびっくりする返礼の内容(笑)
支援最低額は3,000円で最高額は50万円までで返礼は支援金額に関係なく全て同じといったふざけた内容。

①誰も知らないA−portページに名前掲載
②感謝の手紙
③寄付金受領証明書

「役所か!」ってツッコみたくなる、全く支援したいと思わない内容。

もう少し支援する人のことを考えた返礼を考えた方がよくない?と思える内容だから、「高校球児のために応援したい」といった熱烈なファン以外は間違いなく支援はしないと思う。

例えば、
支援金額によって返礼を変える。
①3,000円はお礼の手紙
②10万円はお礼の手紙と甲子園の土
③50万円はお礼の手紙、甲子園の土、スタンドに名前を飾る
とか、高額支援してもらえる人には、明確に返礼に差をつけて支援したことで名誉に思うようなことを考えられなかったかなって思った。

■収益源を別で用意する大切さ

高野連がクラファンを使って支援を集めたという行動自体は評価できる。
入場料が見込めなかったから別の手段で売上を補填するという考え。
高野連が失敗したのは、支援を集めるための他者目線の欠如だと思う。

これはサービス提供者全てが考えなければいけない問題で、今の収入の柱は本当に大丈夫?という問いをした方がよい時期に来ている。
コロナが落ち着いたら大丈夫といった希望的観測を続けている限り負け組に突入する。
これまでイベント当日だけで売上を確保しようとしていたエンタメ業界の仕組みはこれから大きく変わるし、それは他の産業にも言えることだと思う。

大切なのは、事前に収入を確保できる仕組み。

もし、イベント当日以前にある程度の売上を確保していたら、突如緊急事態宣言で無観客になり入場料が0になっても大きな負債を被ることはない。
イベントが中止になっても赤字にならないために、どのような方法で事前に資金を回収するかというのは今後の課題だと思う。

課題解決の方法の1つがクラファンであり、今いろんなところで聞かれるようになったプロセスエコノミーもその一つの手段だと思う。
マネタイズの場所を変えるということを意識すると結構面白い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました