人といる時の自分が好きじゃない!価値観が合わない人なら付き合うのをやめればいい

𖣯日々の気づき𖣯

嫌なことやストレスが溜まった環境に長くいると、ふとした瞬間に「ここって自分の居場所?」と思うことが1度や2度あると思う。
1度や2度だけでなくずっと考え続けている人も結構多いかもしれない。
「今の自分がなんか違う」と思うのであればその原因を追求する。
その時に重要なのが「自分らしさ」。

多くの人が自分の居場所を見つけられていないような気がする。
自分の居場所が見つかっていたら、きっと楽しくてしょうがないはず。
でも、多くの人がなんか暗い顔をしているのは、今いる場合は何かを変えなければ自分の居場所ではないかもしれない。
今日は、辛かった時期で自分らしさを失ったあの頃を思い出して改めて「自分らしさ」を考えてみる。

■心地よい場所を見つける

⚫︎辛い時期は誰にでもある

「なんか思ってと感じと違う」と思うことって結構ある。
その多くは、ストレスが溜まったり、自分の力が全然発揮できていなかったり、違和感を感じることは多いと思う。
そして考え込んだ結果、眠れない日々が続く。

自分も1年前は、コロナで移動が制限され今までの仕事のスタイルから強制的に変えなくてはいけない時期、なんとかしなければと焦って色んなことを考えた。
今、できることを必死でやっても、その行動を嘲笑う人、無理だと決めつける人、新しいことを拒絶する人の中でもがき苦しんだ。

今思えば凄く辛かった(笑)
冷静を保っていても常にストレスがあり、多くの嫌がらせや足をあからさまに引っ張る行為、その全てが嫌で何もしたくない時があった。
自分の考えがを、まずは合わせてみよう!
あの進め方の順序が間違っていたかも?
そもそも自分の考えが間違っている???
あの人が言っていることが正しいかも?

こんな迷走が続くと自分を見失う。
自分を見失った環境にいる自分は好きに慣れなかった。

関連ブログ⬇️ 何もしたくない時にもがく(笑)

悩み苦しんでた時に、まさかの出戻り転勤。

仕事のほぼ全てが東京のお客さんなのに、妻の要望で大阪にいたいっていう異例対応だったからね。
結果が出ている時は会社は何も言わないけど、結果が悪くなると会社の力が強くなり、自分は負けて東京にきた。

でも、あることに気がついた。

この人達の考えに合わせる自分が嫌だった。
そもそも価値観が古すぎて居心地は最悪だった。
あの時の自分は、自信を無くしてたし違和感の中でもがいていた。

そして自分らしさを失い、自分に負けた。

⚫︎負けた自分からの脱却

転機は突然起こるというのはまさにその通り。
でも、その転機を自分に引き寄せるのも自分。

新たな環境でスタートしたけど、世間は未だコロナの影響を受けている。

当然販売先の売上が悪ければ発注量も下がり仕事も減るのが商社という卸業に携わる宿命。だったらどうするか?ってこと。
悪いのはみんな一緒で、その中で何をするか?そして必ず結果を出す!
結果こそが負けた自分を癒す唯一の方法。

自分の場合は、結果で見返す以外の自分の居場所を作る方法を知らない。
自分の居場所は自分で作る。

悔しい時期を過ごしたからこそ、「このままでは終わらせない」という気持ちが自分を支える。
自分が自信をもてる環境こそが居心地がいい場所。

楽して得た場所ではなく、自分で引き寄せて作った居心地がいい場所は、何もしなければなくなる場所でもある。
仕事で居心地の良い場所を守るには、自分の場合は結果を出し続けるしかない。
そのために勉強するし考え続ける。
自分の居場所は努力で守れるってこと。

関連ブログ⬇️ 自分の欲望をコントロールする方法

■自分らしさとは?

⚫︎そもそも、自分らしさとは?

「自分らしさ」の「らしさ」とはないか?辞書で言葉を調べてみると「そのものの特徴がよく出ている状態」のことを「らしさ」と言う。

一般的に「自分らしさ=個性」と思われているけど、実は他にも自分らしさを定義する場合、「自分が心地いいと思えている状態」を自分らしさとも言える。

自分らしさを見つけるには、図のように3つの要素をイメージすることが必要。
さらに言えば、この3つの要素が自分ではっきりしていなければ、「自分らしさ」を見つけることもできない。

⚫︎自分らしさを見つける3つの要素

自分らしさを見つけるために必要なことは、①好きなこと、②得意なこと、③大事にしていることの3つを明確にして、それが全て重なっている状態が自分らしい時と言える。それぞれを解説。

①好きなこと;情熱

好きなことは人それぞれだけど、夢中になれることを見つけることは大切。
あっという間に時間がたっていると思える好きなことなら、何時間でも集中でいるし体は疲れても心は疲れない。
「努力」は「夢中」に勝てず、
「義務」は「無邪気」に勝てない。

自分が好きなことを続けられるというのが自分らしさへの第一歩。

②得意なこと;才能

得意なこととは、自分ができることとも言える。
他人が嫌がることであっても自分はできることって結構ある。

計算とか数字を見ているのは好きだけど、何かを覚えたりするのは苦手。
プレゼンとか人前で話すは好きだけど、分析したり資料を作るのは苦手。

自分の得意なことと苦手なことを書き出すと自分の才能に気がつく。
でも多くの人は自分の才能に気がついていない。
自分では当たり前だと思うことは、他人にはできないことって凄く多い。
自分の才能は灯台下暗しのように、近くにありすぎて見落としている人が本当に多い気がする。

③大事にしていること;価値観

自分らしさを見つけるのに1番重要なのが自分が大事にしていること。
「これだけは絶対にやりたくない」というブレない自分が強ければ強い人ほど自分らしさを見つけることができる。

他人に流され続けると大切にしていることがなくなる。
多くの人が自分らしさを見つけられないのは、「大切にしていること」を明確に持っていないからだと思う。
価値観は、多分1番大切だと思う。

自分の場合は、
人を裏切る、欺く行為はしない!
自分だけ得を取らない!
間違っていると思うことは見過ごさない!

正義感が異常に強いのが自分の価値観(笑)

好きなこと;情熱
得意なこと;才能
大事にしていること;価値観

この3つが一致するためには、まず自分を洗い出すことから始める。

例えば、
①新しいことをして驚いた顔をみることが好き。
②やりたいアイディアを形にすることはできる。
③関わる全てが「良かった」と言える関係を作る。
今の自分は、この3つが整った環境を作ったから「自分らしさ」を感じられている。

以前は
①新しいアイディアは否定され嫌になる。
②やりたいことを形にしても鼻で笑われ嫌になる。
③皆んなで楽しくを理解されず嫌になる。
3つの要素とも嫌になるような環境(笑)

自分の気持ちが前向きではない時は上手くいくはずがない!
あの人と一緒にいる自分が嫌い。
あのチームの考え方を合わせると自分じゃなくなる。
価値観が全く合わず居心地が悪い。
こんな状態だと悪い結果しか生まれない。

■自分でコントロールできること

⚫︎自分らしさを取り戻す

自分らしさを感じる環境を見つけることは、簡単そうで難しい。
でも自分でコントロールできる2つのことをブレずに持っていれば心地よい場所を見つけることができるかもしれない。
①人脈
②自分の考え


好きとか嫌いではなく、自分を高めてくれる存在か否かは自分で見定めれる。
嫌いな人だけど自分を高めてくれる存在もいるし、好きだけど自分の足を引っ張る存在もいる。
自分が楽なのは、好きな人だけに囲まれること。
でも、好きな人、楽だと思う人と付き合い続けると成長は止まる。
その積み重ねが違和感となる。

人脈と自分の考え方の2つは、自分でコントロールできること。
この2つは環境が変わってもすぐにできる。

自分の周りから、足を引っ張る存在から避ける。
他人の時間を平気で奪う時間泥棒からも逃げる。
嫌いだけど成長させてくれる人の言葉は耳が痛くても聞き入れる。

人脈を考えるときの判断基準が価値観。

価値観の合わない人とは一緒にいても上手くいかない。
嫌いでも価値観は似てると思う人と付き合った方が上手くいく。
好きだけど価値観が合わないと言うのは長続きしない。

自分の大切にしていることを理解してくれる人、もしくは価値観が近い人を選ぶという心掛けを持ち続けると「自分らしさ」はみるかる気がする。
人といる時の自分が好きじゃない!
価値観が合わない人なら付き合うのをやめればいい!
価値観を貫くことが自分らしさ見つける1番の要素。

コメント

タイトルとURLをコピーしました