人の品格を決めるものとは?自分の価値を下げてしまうやってはならない行為

𖠅ビジネスで使える行動心理𖠅

人を区別することはよくないことだと分かっていても、区別してしまう。
自分の場合は、大きく分けると「憧れ」「仲間」「軽蔑」の3つ。
「あの人みたいに」といった憧れや、「一緒に頑張ろ」と思える仲間はポイティブだけど、「この人みたいにはなりたくない」という軽蔑だけはネガティブな要素が含まれる。

自分の中で、軽蔑してしまう人とは?と漠然に考えていた時、なるほど!といった答えを若松英輔【沈黙のちから】の中で見つけたので紹介。

■平等ではない社会

⚫︎使う側、使われる側

命は平等にという教えの中でしましば目撃するのは、使う側と使われる側に二分されている。
「使う側」というのは言葉は悪いけどどの組織にも存在し、企業で言えば上司が使う側で、部下は使われる側。
会社に属せば雇用主が使う側で雇用者が使われる側と分かれる。

体育会系の部活では、先輩が使い側で後輩が使われる側(笑)

このに世の中は上下関係で成り立っている。
使われる側が嫌なら、使う側になる。
独立したり、出世を目指したり、手段は異なるけど多く人が使う側に憧れを持ち、なれるなら自分が使う側の立場になりたいと思う人は多い。

⚫︎社会の構図

資本主義社会で生き残ろうと思うと、利害関係が色々なところで生まれる。

例えば、
会社で言えば上司を味方につければ仕事がやりやすくなる。
お得意様に気に入られれば仕事が増える。
このように上下関係には利害が明確になると人は強欲になる。
仕入先と販売先の関係であれば、販売先の方が力を持ち仕入先に無理を押し付けること。
資本力がある大企業が中小企業に対して無茶を押し付ける。
部下の成果は上司の手柄、部下のミスは部下の責任。

利害関係が明確にあるから、自分の身を守る為に他人を平気で蹴落とす人や企業が存在する。
ただ、全ての人や企業が自分の立場しか考えていないのかといえば間違いなくNO。
他人のことを考えれる人と、自分の立場しか考えられない人の違いが品格を決める。

■強欲な人の姿

⚫︎強欲の悪い例

ポジティブな欲望を持つことは凄く大切なことだと思う。

関連ブログ⬇️ 欲望を持って進む

自分の保身しか考えていない人のネガティブな欲望は、多くの人を苦しめることが多い。
ネガティブな欲望を持つ人の特徴が、必要以上に頭を下げる人達、そうした諂いを糧として生きている人達は、「人間の仮面を被った」と思うくらい強欲な一面を持っている。

自分さえ良ければと思う強欲な人は、人から時間やお金を奪うことに関して何も感じない。

関連ブログ⬇️ 奪う人の特徴とは?

■沈黙のちからの一節.

頭を下げることが悪いことではなく、問題なのは必要以上に下げすぎること。
必要以上に頭を下げる人は、周りから「ゴマすり」として軽蔑される。
そしてこのような軽蔑される人達が後にとる態度が軽蔑の理由になる。

⚫︎人品(じんひん)

【沈黙のちから】の中の一節。

頭を下げたくらいのことで人品は下がらない
頭を下げさせようと図ったときにこそ人品がさがる

まさにその通りだと思う!!!

利害関係の立場を利用して、頭を下げさせることを図る人は総じて軽蔑される。
頭を下げさせることを図ったときに、人としての品格がさがる。

大きな怒りを感じて、土下座させるという行為こそが自分の品格を落とす行為でもあるってこと。
半沢直樹での名シーンのように言われる土下座のシーン。

土下座を強要する方は問題外だし、その場を見て見ぬふりをするのも問題。

自分が1番違和感を感じたのが、最後に半沢直樹が逆転で上司の悪行を暴いた後に土下座をさせるシーンを見て、「スッキリした」「気分が良くなった」と一部で盛り上がったこと。

自分は、このシーンが気分が悪い。
※このシーン後、半沢直樹は昇格ではなく出向させられた

どんな理由があっても、頭を下げさせるように図るということは自分の品格を失う。
品格を下げる要因は、「頭を下げさせようと図った」ことがあること。
利害関係や力関係を使って頭を下げさせた経験の1つ1つが自分の品を落としているってこと。

このことを知っているから、超一流の経営者が恐ろしく謙虚なのだと実感。
頭を下げさせるのではなく、自分から下げる。
立場関係なく教えをこうことができるのは、明確な上下関係を利用していない証拠だと思う。
そのような人は多くの人に尊敬される。

⚫︎謙虚な姿勢

実るほど、頭を垂れる、稲穂かな。

意味は、稲の実が熟すほどに、穂が垂れ下がるように、人も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞う。
まさに軽蔑される人は、人に頭を下げさせることで優越感を感じる。
一方、尊敬される人は、自分から頭を下げることができる。

自分もそんな大人にならなければと改めて実感。

関連ブログ⬇️ 素直な人ほど成長が早い理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました