大人になってからの青春18きっぷの旅、意外と知らない楽しみ !

𖣯日々の気づき𖣯

何年も前から「青春18きっぷ」の存在は知っていたけど、「時間をかけて鈍行で行く必要があるの?」と思っていたから、学生か電車好きのオタクが利用するサービスだと思っていた。

噂ではとにかく安いということは聞いていたもののわざわざ1人で時間をかけて電車に乗ってもつまらないし、チケットが5回分となんとも無妙な回数で、ひがえチケットが1回分は確実に余るから勿体無いと思っていた。

先入観とは怖いもので、勝手に思い込んでしまうとそもそも詳しいことを調べない。

結果、なんとなく聞いたことあることで「自分には関係ない」と決めつけ新たな発見を見逃すことがある。
お得だけど情報を知らないということ。
何事も知らない段階で否定するのはよくない。

情報を知った上で自分に合っているか合っていないかを判断したらいいと思う。

◼️お得だけど知らない情報

●青春18きっぷの値段

「青春18きっぷ」という名前を聞くと、18歳以下の人しか使えないのかと思うかもしれないけど、誰でも購入できる。

毎年発売期間と利用期間は変わってきるけどJRホームページで確認可能。

2021年度の青春18切符の値段は、大人、子供同額で5回分で12,050円!!!!1回利用値段は、12,050÷5=2,410円

日帰りで移動する場合であれば、乗車券で片道1,205円以上超える先に行く場合はお得ってこと。
何より同日内なら途中下車ができるから、2〜3時間圏内の場所に遊びに行く時に持ってこい!

ちなみにチケットは、販売期間内ならJR自動券売機で簡単に買えてしまう。

●青春18きっぷトリック

これは実際に購入してわかったこと。
「青春18きっぷ」をよく見ると面白い。
切符=1人が利用する訳ではない。

5回分のチケットがあるのかと思ったけど、チケットは1枚だけ。
ただ、同区間を一緒に誰かと行くことが可能。

例えば、
2人で1日電車旅を楽しんだ場合、1枚の青春18きっぷに記載されるのは2回分使用したというだけ。
そう、夫婦、恋人と一緒に行動するなら泊まりで遠方に言って現地で宿泊、次の日帰ってくる予定だったら、1枚のチケットで往復(2人×2回)といった4回分として使用できるってこと。
この場合だと、1日乗車券で2,410円以上の場所に移動したら元は取れる計算。

1人で長時間移動は嫌だけど、2人長時間移動なら景色もそうだけど普段降りないような場所に途中下車をして楽しむのもおすすめ!

●我が家の使い方!(笑)

転勤で大阪から東京に引っ越してきた。
東京〜大阪まで帰るのに、新幹線を使えば片道1人で約15,000円、往復約30,000円
年始に帰った時は2人で往復約60,000円。

家に戻るのに結構お金がかかる!
年始に帰ったけど、頻繁に2人で帰りには交通費は結構な痛手。
そこで思い立ったのが「青春18きっぷ」で帰って見るという手段(笑)

自分は今はコロナでないけど仕事で長距離移動が多いから移動時間は全然苦にならないし、妻は電車好き(時刻表オタク)。
ゆっくり行ってみるのも面白そうだし、普段見ない景色を楽しめるかもということで挑戦!

時刻表オタクの妻がいい感じの乗り継ぎ計画を調べてくれていざ実践。

◼️実際に使ってみた

●意外多い利用者

東京〜大阪を鈍行で行くと待ち時間を極力減らす電車を選んで行っても約8時間はかかるという長丁場!
新幹線を使えば約3時間の道のりが2.5倍以上の時間がかかる。

大阪までの乗り継ぎは8回(笑)
電車の始発〜終点までを乗り繋ぐ旅。
最寄駅の始発で出発したけど5時の電車なのに結構人がいる!!!
こんな時間から動くって東京の人達は本当に働き者だ!
1番驚いたのがJRの改札での出来事。

青春18きっぷを使っている人が多い!
我が家がきっぷを見せてたら前後の人も同じように青春18きっぷを持っている。
始発に乗っていたお客さんでキャリーや少し大きな荷物を持っている人は結構使っているんだなぁと実感。
キャリーバック持っている人は、おそらく我が家のように実家が遠いような感じで「これから帰るんだ」と思ったけど、意外に多いには軽いリュックを背負った中年以上のおじさんが青春18きっぷを使っていること。
そんな中年おじさんは、たった数秒でも数人も見たから多分そういう人多いかもって思った。

●長時間移動で不安なトイレ問題

長時間移動で不安になるのがトイレ。
東海道本線で乗り継いで行くと、一駅一駅が本当に長くて各駅停車を利用しているのに全然停まらない区間がある。

「もし、途中でお腹が痛くなったら、、、」という感じでピンチになった時、どこかの駅で降りてしまうと、乗り継ぎ時間10分未満で移動できるプランが崩壊!
乗り継ぎが失敗すると30分位どこかの駅でならなくてはいけなくなる(泣)

でも安心!

東海道本線は大体車両のどこかにトイレが完備されている。
もしお腹が痛くなっても電車の中にトイレがあるってわかるだけで安心だね。

●色んな発見

実際に電車に始発から乗ると、6時台から学生の乗車が増え始める。
「毎朝大変だぁ」と思いつつも、自分の学生の頃は高校まで1時間半もかかったから毎朝4時半起きで7時に学校に着いて朝練。

帰りは1年生の時は部活終わりが片付けとかしてると7時過ぎ。
そこから水道で体を簡単に洗って帰ると家に着くのは9時過ぎ。
※冬の水道で洗うのはマジで地獄(笑)

そんな平日を過ごした学生時代をなんとなく思い出す。

学生の登校時間と同時にいるのが夜勤明けらしき人。
会社員、学生がこれからスタートって時間に缶ビールを片手に乗車。
しかもロング缶!!!

これから仕事や勉強に向かう人、朝早くて眠すぎるのか爆睡している人、その中で仕事終わりで一杯やっている人、そして大きなキャリーバックを持って移動する人。
朝の電車には色んなタイプで生活している人が一同に集まっている。
この違和感は新幹線で移動していたら体験出来なかったこと。

■実際に旅すると面白い

⚫︎まずはやってみる

実際に夫婦で青春18きっぷを使って長距離移動。
確かに移動時間はかかるけど、今まで停まったことのない駅や景色、その辺りに住む人達を観察できる。
東京から静岡に入って愛知に向かう時には、明らかに純朴そうな人達しかいなくなる(笑)

たった数時間東京から離れただけで、人の感じが大きく変わる。

静岡あたりで何時のパンチパーマ?アフロ?って髪型のレアな30代を見て驚いたけど、何より令和の時代にバレーボーイズに出てきそうな逆三角形の髪型を見るとは、、、

さすがに3度見した(笑)

こんな些細な発見も鈍行で移動したから見れたこと。

⚫︎お得意情報

東京〜大阪の新幹線片道の値段で2人往復ができるのが「青春18きっぷ」。
普段の生活ではその土地で生活している人達を観察。
移り変わる風景も楽しめるけど、自分はやっぱり人間観察が楽しい。
変わった楽しみ方ができて大満足!!!!

お得情報って実際に使ってみるとわかるね。

⚫︎雑学:お得情報!?

お得だけど知らない情報はたくさんある。
確定申告は最たる例で、企業勤めの人でも合法的に節税することができる。
ふるさと納税もそうだし実はいろんな方法があるけどみんな知らない。
企業勤めの人で節税対策をしている人は、高年収以外の人はほとんど聞かない。

個人事業主だけが行うことではなく、企業勤めの人もやった方がいいと思う。
高年収じゃない人だからこそ、使えるお金が増やす手段として確定申告はおすすめ!

節税は誰からに教えてもらうことがないけど、権利としてあるから絶対使ったほうがいいね。
こんな感じでなんとなく言葉は聞いたことがあるお得情報。
まずは使ってみて自分のライフスタイルに合えば凄く楽しめるのでおすすめ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました