【置かれた場所で咲く!】自分らしく活躍できる場とは?

𖧷心がけること𖧷

『自分らしく活躍出来る場』ってどうやって見るけれるか?考えてみる。

■自分らしく活躍できる場所

自分の性格や能力とマッチした環境を見つけるってかなり難しい。

おそらく現実的には自分らしく活躍出来る場で生きれる人はかなり少ないような事だと思う。そもそも、何が自分らしくって何???ってなるよね。多分その答えの出し方って、答えを出せた人にしか分からない事かなとは思う。

極端な例だけど、皇室に生まれてしまったら自分がやりたい事は制限されるし、歌舞伎一家の長男は生まれながらにして将来が決まっている。

ただ、決められた将来が不幸か?と言ったら違うし、そこが自分らしく活躍出来る場ではないか?と言ったらそれも違う気がする。

以前元大阪府知事の橋下徹氏が初耳学の番組内で高学歴ニート達に『とにかく燃焼する!!!』って言っていたことがずっと頭に残っていて、自分が心から燃焼出来ることを全力でやる!

そうすると環境は全く予想できない位に変わるけど、満足感は得られる?ようなことを言っていた。

『自分らしく活躍出来る場』が見つかっている人は周りから見ても生き生きと輝いている!!!活力を持っている人は生き生きとしているね!

少し意味は違うけどやり残したことがない後悔をしない人生を送ると言うことに近いような気がする。

■後悔と反省

結構色々なところで『後悔してる』ってよく聞くけど、その言葉を出している人で生き生きした人を見たことがない!

後悔と似た言葉で反省があるけど、意味は大きく違う。

時間軸が真逆!【後悔】とは、過去を変えようとすること【反省】とは、未来を変えようとすること

後悔は過去を否定する行為だから、絶対に改善される事はない。後悔を口にする人はずっと過去に縛られると考えると一生前に進まない。

どんなミスや誤ちを犯したとしても、堂々と後悔はないって言えることが重要。その為には完全にやり切らないといけない。
反省は未来を変えようとする行為だから、必要以上にするべき!だと思う。

まずは後悔をしない為には解決方法は1つしかない。

■自分を燃焼できる場所

自分が納得するぐらい目の前のことを全力で頑張る!

やる気スイッチがONの状態は『燃焼している状態』、そして完全燃焼出来たら過去を振り返る必要がないからミスや誤ちがあっても反省する事はあっても後悔は絶対にしない!

【置かれた場所で咲きなさい】と言う本があるけど、そこには自分の得意不向きは関係なく、今与えられた場所で全力で自分と向き合う!と言うことが書かれている。

ほぼ全ての人が将来を決められる権利を持っていて、何にでもなれる。

自分が活躍出来る場を見つけるには、遠い想像出来ない未来を妄想するのではなく、まずは目先のことを全力でやって見ることが大切なような気がする。

毎日匍匐前進の様に少しづつ前に進むことで知らない間に環境は変わってくるはず。

今置かれた場所に納得がいっていない、やる気が出ないと思うなら環境を変えればいい。やる気ない事はいつまで経っても前に進まないし、自分を燃焼する事はない。
5年、10年先の未来は誰もわからないけど、過去を振り返って後悔だけはしないように、燃焼出来ることをまず見つけて、見つけなければ今置かれた場所で頑張るしかない!

生き生きしている人=今置かれた場所で咲いている人って思う。

自分もそうありたいと願うから、そうなれるようにまずは今の環境で目の前のことをコツコツと全力でやり切ろう〜と思う。

今の自分が燃焼出来る何かがないなら、まずはやる気が出ることで続けられることを全力でやってみるといいかもしれない。
自分の好きなこと=燃焼出来ること になれたら最高に楽しいと思う!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました