【始点・終点】終わりは始まりであり、始まりは終わり。良い時も悪い時もあるさ!

𖧷心がけること𖧷

今日はタモリさん熱烈ファンの妻が好きな言葉。
始点・終点。終わりは始まりであり、始まりは終わりでもある。

全てのことに言えるけど永久に同じことはない。日々何かが始まり、何かが終わる。何かが終わったら、また何か始まる繰り返し。

凄く当たり前なことだけど、なんか心に刺さる。

■始点終点の繰り返し

春になり、気持ちも穏やかになってくる。もうすぐ、新学期がはじまり新しく仕事も始まる人が多い。
何か新しいことを始めると、今までとは違う経験をする機会が多くなってくる。
そして大体、どこかで壁にぶつかる。

生命と同じで何か始めたことが永久に続くことはありえない。必ず終わりがくる。
始まった段階で終わりへのカウントダウンが始まっているってことだね。始まりは終わりであるというのはまさに、物事に永久はないということ!

ただ、何かが終わればまた新たな始まりが来る。その繰り返し。

面白いのは、挫折や後悔で終わったことは、新たな活力となることもある。挫折や後悔は強い生命力を生む。ネガティブな要素が肥料となり活力に変えられるってこと。

長い冬の厳しい環境を耐えた新たな新芽が生まれるし、厳しい環境を耐え抜いた新芽は綺麗だし、何より生命力が強い。
厳しい時期は必ず終わる。それを耐え抜いた時にこそ新たな芽がでて始まる。

始まりは終わりへのカウントダウンであれば、何事も終わりがあるということ。順調な時もいつかは終わるし、不遇もいつか終わる。

■キンコン西野さんの話題のスピーチ

かなり話題になったけど、キンコン西野さんが近大の卒業スピーチ。見たことがない人は一度見てほしい。

未来は変えられないけど過去は変えられる

ネガティブな結果は、まもなく過去になり、そして僕らは過去を変えることができる。
失敗した瞬間に辞めてしまうから失敗が存在するわけで、失敗を受け入れて、過去をアップデートし、試行錯誤を繰り返して、成功に辿りついた時、あの日の失敗が必要であったことを僕らは知ります。つまり、理論上、この世界に失敗なんて存在しない。
考え方次第で前向きになれるね!

自分が一番好きなのは時計の話

『鐘が鳴る前は報われない時間がある』ってこと。
悩んでもがく時もありし、不安に襲われる時も必ずある。人生における11時台!!!
でも、時計のように時間がたてば必ず12時になり鐘がなる。鐘が鳴る時が新たな始まりだね。

まさに始点・終点だね

■上手くいかない時もある

今、上手くいかないのでは有れば人生における11時台だなって思うだけで少し楽になる。
逆に、今上手く行っていたとしても、必ずいつかは終わると思えば、身が引き締まる。良い時こそ危機感をもつべき!
そして終わりに向けて新しいことを始める。

辛い時は楽観的に、良い時は危機感を!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました