バブル世代が窮地に陥る時代の足音

𖣯日々の気づき𖣯

今日は最近各所で話題になっている、バブル世代が窮地に陥る時代の足音について。少し怖いタイトルだけど、確実に起こるであろう未来のこと。

■市況と現状給与水準

日本の市況

日本が今抱えている問題としては少子高齢化社会での人口減。
人口が減るということは当然市場規模も小さくなり経済活動が落ち込む。
これが今の日本の人口統計現在日本で働いている人の多くは40〜50代

40〜50代で全く仕事ができない人多いな〜って思っていたけど、それは当たり前!その世代の人口が多いから!
当然、人口が多ければ優秀な人もそうでない人もいて当たり前で、優秀ではない人の人数が多いから目立つだけ(笑)

ちなみに、10年後人口統計予測

50〜60代が日本を支えることになる。
どう考えても、無理があることがわかる。

給与水準

国税庁が発表した【民間給与実態統計調査】業種別、給与水準も纏められているから、自分の業種の平均値を知りたければ、参考程度に確認してみてください。
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/001.pdf

現状の各世代給与平均値。
この平均値と人口統計を照らし合わせると、1番給与をもらっている50代前後の人達の比率が高い。
50代前後。そうバブル世代(笑)

日本の平均所得が441万。
その平均値を押し上げているのは、50代前後で650〜700万前後をもらっている多くの人達の影響。
一般企業の若年層は給与が低い。それを物語っているのが、結婚相手に求める年収。

この結婚相手に求める年収の水準は年々下がっている。
それは、若年層で500万以上稼げる人は少ないから。

■今後予測される未来

日本の働き方の象徴でもある終身雇用、年功序列が根底から崩れつつある。
2019年5月、トヨタ自動車の豊田章男社長は記者会見で、「なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べた。
時を同じくして日本経団連の中西宏明会長も「終身雇用を前提に企業運営、事業活動を考えることは限界がきている」

これを意味することは、これまでリストラが悪という文化が、会社が生き残るための選択肢になったということ。
この重要性に、危機感を持たないといけないのがまさに、今収入が高く生産性の悪い年齢層。そう、50代前後の人達。

単純計算だけど、
年収650万、2人の給与は年間1,300万
25〜29歳の平均年収は400万
会社は2人リストラしただけで、生産性のいい若手を3人雇えるということ。

この現状を普通に考えたら、生産性の悪い人をリストラして今後会社の原動力になる若手を採用する流れになる。
リストラは赤字になったらやるという流れが、黒字であっても不要な人員は整理する流れは一般化する。
逆に黒字だから体力がある段階で、不要人員を整理する流れは加速すると思う!特に、これまで守られてきた大企業は間違いなくこの流れを実行する!

そして、最近の流れだとジョブ型雇用を大手企業が打ち出していること。
ジョブ型雇用を簡単に説明すると専門性。

これまでのメンバーシップ型雇用のような、誰もが平均的な知識でチームの歯車としての能力は切り捨てるということ。これまで、メンバーシップ型雇用の歯車として育てられた人達が、いきなり専門性を求められる時代に突入した!

自分の会社以外の人にこう聞かれたら、
あなたの専門はなんですか?
あなたはどんなことが出来ますか?

これに答えられないと危険。
もう少しわかりやすく説明すると、今転職しても現状と同等クラス以上の仕事につける自信があるか?ということ。
これは若年層にも言えること。

■働かないおじさん

最近よく目にするようになったのが、「働かないおじさん」や「妖精さん」といった、40~50代のサラリーマンを揶揄する言葉。

厳密には今は年齢に対して給与は右肩上がりではないけど、はっきりしているのは40代を超えると給与の方が生産性を超えるということ。
働かないおじさんというのは、今までは揶揄程度でまわりにいるよねアルアルだったけど、これからはそんな揶揄は少なくなると思う。

なぜか?

今の状況を考えれば、間違いなく会社から去る存在だから。
この厳しい現実に対して生き残る手段は1つ。
能力を磨くしかない!
能力磨く為の努力は今からでも十分間に合う!

この能力を磨くというのは、自分も含め全ての世代に言えること!
仕事で求められる能力とは、あなたはどんなことが出来ますか?という質問に自分の答えを持つこと。
簡単に答えられることではないけど、何をし続けたら得られるか?は凄く簡単。

目の前のことを責任感をもって全力でやるだけ!失敗も成功も責任感をもった仕事であれば、必ず能力となる。
+α時間を有効活用し、自分の得意分野を作ることが大切。その為に日々勉強する!!!
それが、あなたはどんなことが出来ますか?の答えになると思う。

そして、もし答えが見つからなかったら遅かれ早かれこうなる可能性がある。怖い時代に突入した!
自分もまだまだだから、頑張ろ〜!!!

まるメガネの森
♧︎違いすぎる夫婦の日常♧︎正反対の性格の2人が大切にしていることをホームページを通してお届けしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました