仮説検証実験!?失敗は『出来ない方法』を知ること

𖣯日々の気づき𖣯

普段から『失敗を恐れない!』と心の中で言い聞かせて、新しいことにチャレンジするけど、自分でもシンドイなぁ〜と思う時がある。
そんな時に思い浮かべること。

考え、悩んで、苦しんだ上で新しいチャレンジをする場合、失敗はしたくない。でも、ほとんどの確率で失敗する(笑)

■失敗についての2つの研究結果

⚫︎心理学者ツァイガルニクの見解

人間はうまくいったことよりうまくいかなかったことを強く記憶する傾向がある。
何かを達成しなくてはいけないという課題や場面において人は緊張状態になる。
達成するとこの緊張から解放されるために、課題自体を忘れがちになるという。

例えば、一夜漬けのテスト勉強。
一生懸命勉強をするけど、試験が終わるとキレイさっぱり忘れてしまうのは、試験を無事終えたという達成感で緊張が解放された状態。
まさに、自分は一夜漬けタイプ(笑)だから、グサっとくる指摘。

逆に課題解決がうまくいかないと、緊張状態が長く続くため記憶にも定着するということ。
ただし、その失敗した苦い記憶がトラウマとなったり挑戦すること自体を恐れてしまう要因になる。

頑張って一夜漬けしたけど、結果うまくいかなかった。
その失敗で次回は一夜漬けをしなくなる。
これは失敗したことが苦い記憶となり
やっても無駄と思ってしまうことが原因。

⚫︎心理学者キャロル・ドゥエックの見解

キャロル・ドゥエックは興味深い研究をして導き出したこと。

行動に対して褒めるのは大切。
ただし、褒めかたの違いが後の行動い影響してくる。

結果を褒めるか?努力を褒めるか?

この研究結果の興味深いことは、この後、難しい問題と簡単な問題があったらどっちを選択するか?について。

【努力を褒められた子】
→90%近くが難しい問題を選択。
【知性を褒められた子】
→ほとんどが簡単な問題を選択。

知性を褒められた子は、自分を賢く「見せる」ことに気持ちを向けるようになり、間違いを犯すリスクをとれなくなるのだと説明している。

カッコ悪い姿を見せられない人は失敗を恐れるという傾向があるってこと。

いい結果を出したことを評価され続けた人にとっては、いい結果が出せなくなるかもしれない選択(新たな課題に取り組むこと)は避けたいという心理が働くということ。

周りが結果を褒めると、それが知らない間に挑戦を無意識に選択しない考えになってしまうというのは少し衝撃。

■失敗は起こるモノ

⚫︎弱みを見せる人は得?

新しいことに挑戦したら当然失敗は起こる。失敗のないこと毎日だったら、おそらく何も変わらないと思う。
ただし、失敗は起こるモノと最初から思っていれば少しは気持ちが落ち着く。
そして、ここで得をするタイプが、自分の弱みを前面に見せれる人!
※これが本当に難しい

例えば、周りに失敗したことを素直に周りに伝えられる人がいたとする。
自分はどう思うか?

勿論、その人の関係性にもよるけど、『しょうがないなぁ〜』、だったら助けてあげるよ!ってなることが多いと思う。
これで起こったことは何か?
失敗した人=助けたい人に対して自然と巻き込まれてしまっている。

⚫︎失敗をオープンにするとキャラクターになる

失敗を繰り返す人で、それをカッコつけずに明るく話す人が周りにいたらどうか?
当然、無視をする人もいるけど、また失敗したの?って面白がる人もいると思う。

そして、面白がっていた人はいつしか協力者となっているケースが多い。
それは、失敗する人を応援したいと思ってしまっているからだと思う。
まさに、失敗する人のファンになってしまったってこと。
※応援している人は引き込まれたってこと

失敗することを、カッコつけずにオープンにしたらそれがキャラクターになり、応援者が増えるなら、結果的に得してないですか?(笑)

何を失敗と呼ぶのか?失敗の定義は、自分の考え方次第で、その姿は変わる!

■失敗は『出来ない方法』を知ること

失敗をネガティブな側面だけで考えるのではなく、別の考え方で見ると、失敗に対しての考え方がかなり変わる。
失敗は『出来ないこと』を知ること。

失敗とは、そもそも間違った方法だったから上手くいかなかったということ。

例えば、何も考えずに一夜漬けで勉強したけどダメ場合、2つのことが分かったことになる。

①そもそも一夜漬けはよくない!
②一夜漬けでも方法を変えたら出来ないか?

何も考えずに一夜漬けする方法は失敗するということが分かったのであれば、毎日コツコツ勉強するか?
一夜漬けの質を上げるか?新たな方法が考えらる。
自分は後者を選択し続けてきた!(笑)

毎日の勉強は嫌だけど、テストで評価が悪いのも嫌!
だったら、少しでも一夜漬けでなんとかなるような準備をする。

自分の特性として、基本授業は興味がなければ寝る!
でも、なぜか?ノートだけは綺麗に纏めて自己満足だけするのが好きだった。色とか?配置とか?考えて纏めること。
家に帰っても勉強はしない。
だったら、ノートだけはとにかく纏める。

この準備さえしていたら、一夜漬けでもなんとかなるという方法を編み出した!
今なら一夜漬けテクニックがあるみたいだし、自分の特性に合わせて出来る方法を見つけることはできるかも?

⚫︎失敗は実は失敗ではない!

これは全てのことに言えるけど、そもそも失敗ってなんだろ〜と思った時に、よく言われることは、『諦めずに続ければ失敗はない』という考えもある。

突き詰めれば、いつかは成功するという考え方。

でも自分はそんなに継続力はない(笑)
だったら、失敗は出来ない方法を知ったと思えば、失敗自体存在しなくなる。
失敗の捉え方次第で、新たな挑戦が楽しめる!

⚫︎失敗することは得!

失敗は『出来ない方法』を知ったと思えれば、いいことがある。
仮説検証して実験した結果が出来ない方法と分かる。

仮説検証して実験し、失敗しなければ、出来ない方法を知ることが出来ないということ。

失敗しない人は、出来ない方法を知らない。失敗した人は、出来ない方法を知っている。
どっちがいいか?の判断は自分の考え方次第。

コメント

タイトルとURLをコピーしました