一つ一つの物事には理由がある。今を見つめ直すと課題が見える。

𖣯日々の気づき𖣯

今日は最近続けているマインドフルネス(瞑想)で得たことについて。
マインドフルネス(瞑想)という頭と心を落ち着かせる手段を最近取り入れ始めた。

寝る前、起きた時、ゆっくり時間を楽しむ。
自分の体と呼吸を感じると、現在に頭の軸が作れる。朝起きてすぐのマインドフルネスは集中力をあげることが出来るし、寝る前は脳と心をリラックス出来る。
瞑想の習慣化が良いというのは、どうやら嘘ではなさそう(笑)

現在に集中すると何が起こるか?というのは実際に体験した方がわかりやすいと思うけど、自分の場合は普段当たり前のことに注目するようになった。
当たり前のこと、一つ一つの物事には理由があるということ。

■物事の理由

人の行動や、身近にあるモノには必ず理由がある。
理由がないモノを探す方が難しい。

食べる、寝る、働く、笑う。
どれも何か理由があると思う。
モノも、家、車、服、道具。
何か問題を解決する手段としてモノがあり、そして人は何かの理由でモノを消費する。
感情的な事でも、批判、妬み、嫉み。
ネガティブな感情にも一つ一つ理由がある。

自分の周りで理由がないモノは何か?と考えた時、色々考えたけど何も浮かばない。
今を生きる上で当たり前だけど、理由の無いモノは存在しないような気がする。

会話をするという行動にも理由がある。
相手を理解する、考えを共有するなど。

⚫︎理由がないモノを探す

感情、行動、モノの意味がないことを考える。特に相手を批判したり陥れるような人は、心が貧しい人だからカッコ悪いと思っていた。

でも、その行動にはきっと理由があって、その人が過去に誰からにやられた行動だったり、単純に好き嫌いだったり、出来ないことへの嫉妬であったり、相手の立場に立って理由を考えている。

自分の周りには理由がないモノを探すことが難しいから相手の立場に立って理由がないモノを探しても、これも見つからない。
凄く不思議な感覚。

これまで、自分が感情的になっていたことや、されて嫌だったことには、相手方の理由が存在していて、それが原因になっているということ。
好きか?嫌いか?も立派な理由。

良いことも悪いこと
行動出来ることも出来ないこと
モノを買うことも買わないこと
相手を好きになることも嫌いになること
考えることも考えないこと
結果を出すことも出せないこと


全て理由が存在する。

一つ一つのことを、客観的な目線で考える

■客観的な目線

⚫︎感情を抑える

客観的な目線で一つ一つ見つめると、特に良くない状況で感情的になる自分を抑えることが出来る。

あの人の考え方は古い!あの人のことは嫌い!そもそも生理的に無理!(笑)など
その理由を自分目線、相手目線で考える。

⚫︎結果が出ない時

結果が出ない時は必ずある。
そんな時、会社のせいとか社会のせい、相手のせいと理由をつけることも簡単。
でも本当の理由は1番近くの自分にある気がする。
自分の行動一つ一つが考え抜かれたことか?相手を巻き込むために行動したか?物事が動かない理由は何か?を見直す。

自分以外の理由で出来ないことの理由をつけることは簡単。でも自分目線で理由を追求すると、これまで気がつかなかった問題点や、自分の行動の一貫性のなさなど気がつくことが多い。

結果が出ないこともにも理由がある。
そして、そのほどんどの理由が自分にある。そう考えた方が健全。
自分以外の理由にして逃げたところで、現状は変わらない。
だったら現状を変えたいなら、理由を分析する。

⚫︎行動出来ない時

行動したいと思っても出来ないことがある。そんな時、客観的になぜ出来ないのか?理由を書き出してみる。

新しいことが怖いから!
自分に向いていないから!
能力がないから!
単純に面倒だから!
時間がないから!

そうやって理由を書き出すと頭の整理も出来る。
あとは簡単。
行動したければ、出来ない、やらない理由を潰せば良いだけ!(笑)

この理由を書き出すことはオススメ!!!

自分はもっともらしいことを言っているけど、まだ半人前以下!
まだ、やりたいことは出来ないし、結果もイマイチ!満足感が一切無い。
嫌いな人は多いし、ひと回り年が離れている大人限定で出来ない人は徹底的に冷たい目で見るいう超絶性格の悪さを持っている。
それには理由があるし、嫌われる理由もわかる(笑)

それをわかった上で出来ない理由や弊害になっている理由を突破することが出来るようになること。

個人の悩みは色々だけど、現在を見つめると今置かれている課題や出来ないことの理由が見えてくる。
マインドフルネスって多分この現在に思考を持ってくる事で、客観的に自分を見るスキルを養うことだな。

多分(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました