よく笑う、リアクションをとる!上客(VIP)扱いを受ける為の心得

𖠅ビジネスで使える行動心理𖠅

お店などで良いサービス、良い情報を得る方法は、上客(VIP)になること。
上客は普通のお客さんと区別される。
上客とは上座に就くべき、主だった客。
商売上での大切な、ありがたい客。

一般的にお店で上客として自分が扱われるようになるには
①お金を使う
②何度も通う必要がある

顔馴染みのお店とかは上客扱いされやすい。

相手にとって上客はありがたい存在。
その上客が離れないようにする為に、良いサービス、良い情報を渡す。

上客として扱われるようになると、色々メリットをもらえる。
では上客扱いされる為には、①お金を使う、②何度も通う以外方法はないのか?

誰もが受けたいと思う特別な扱いを受けるには?

■上客扱い

本来、上客とは商売上のメリットがある大切なお客さんのこと。
お店はお金を持っている人に対しては、対応やサービスを変える。

1番わかりやすいのが、百貨店の外商顧客。外商顧客専用の部屋があり、専用のスタッフが、顧客の言われるがままに商品を用意し、買い物のサポートをする。
まさにVIP対応。

⬇️外商のことについてはこのブログが面白いので時間があれば是非!

匿名店員が暴露! 百貨店を秘密裏に支える超大金持ち「外商顧客」って?
百貨店って、売り上げの6割を賄っている「外商顧客」というお金持ちによって支えられているって知ってましたか?デパートには、そういったセレブ・富豪用の専用サロンもあるんだとか。今回は匿名の販売に、上顧客の噂の真相を聞いてみました!

相手からサービスを受けたいなら、相手が納得するお金など明確なメリット出せば相手を従わせることは一部の権力やお金を持った人は出来る。
これが出来る権利があるのはは限られた層のみ。

⚫︎上客の間違った解釈

当然誰もが特別な対応を受けたいと思う。
でもお金がなければお店側にとってメリットがないので特別な扱いを受けることは出来ない。
上客扱いを受けたい人の数と、実際に上客扱いされる人の数は違う!
圧倒的に上客扱いを受けられる人の数の方が少ない!!!

特別な対応を受けるには仕事も同じで、相手にとって大きなメリットなど何かがなければ成立しない。
この憧れが間違った解釈になってしまった考え方が『お客様は神様』という言葉。

この考え方は、お金を払った人が絶対的な存在で、サービス提供者はそれに従えということ。

特に、値段の安いレストランやお店に来るお客はこの考えが強く、お金を払っているのだから当たり前という横柄な態度が多い。

この態度になってしまう本質は、自分が上位者として特別扱いを受ける権利があり、相手を指示、命令するという行為は当たり前と思ってしまっていること。

特別扱いを受けたい願望が強い人は、この傾向になりやすいと思う。
苦労しないでお金を得た人も多い。
自分が常に上でいたいという、マウントを取りたい人は自然に態度に出てしまう。
当然相手を不快にさせ、より良いサービスや情報は受けられない。

⚫︎人の感情が上客にさせる

自分が気持ちいよくなりたいのと同じように、相手も気持ちよく対応をしたいと思っている。
お金という武器がないのであれば相手を喜ばせる方法は気持ちしかないと思う。
お金も、時間もかけずに上客になる方法。
それは人の感情を動かすこと。

本来サービスを受ける立場の自分ではなく、サービス提供者の気持ちを上げることで、上客として扱われることもある。
他者目線に立ってみると答えはある。

相手が個人であれば、その人が接客やサービスをしたいと思わせること。

自分が接客していると想像する。
もっと相手に尽くしたい、もっと何か?やってあげたいと思う瞬間というのは、必ず好きという感情が働いていると思う。

恋愛も同じで好きな人には尽くす。
上客扱いを受けたければ相手から好かれる。

■相手から好かれるには?

お店などたった数分、数回会った人に好かれる為には?どうやったら好かれるか?色んな話を聞き出せるか?相手の立場で考えてみる。

短時間で会った人との会話で気持ちよくなることは、相手がこんな態度だと嬉しくなる。

①よく笑う

接客などで相手から話しかけられた時、ムスッとした人か?笑顔の人か?どちらが相手が気持ちいいかと考えた時、間違いなく後者。
笑顔で会話をしていれば相手は自分の話が楽しい、盛り上がっていると思い嬉しくなる。

②相手の話に反応する

相手の話に対して何かリアクションをとる。『へ〜』『そうなんですか〜』『知らなかったです』とか。
基本自分の話に反応してもらえると嬉しい。相手のリアクションがわざとらしくなければ気持ちよくなる。
気持ちよくなると、色んな情報をだしたり、好きという感情が生まれる。

この誰でも出来る2つのことで結構簡単に相手を気持ちよくさせる。
そして何より印象が良くなる!

この技術は、仕事でも恋愛でも同じで、自分を良く思って欲しいなら自分を出すのではなく、相手を気持ちよくさせることから始まる。

ゴマすりも相手を気持ちよくさせる技術(笑)
相手を気持ちよくさせるには、まず相手の話に耳を傾けなければ出来ない。そして、気持ちよくなった人はどうなるか?
気持ちよくしてくれた人をエコひいきする!
このエコひいきこそが特別扱い。

■エコひいきされる

エコひいきされる人は多い。
そんな人の行動を見て欲しい。
相手を必ず気持ちよくしているはず!

上客とは、特別扱いを受ける人。
特別扱い=エコひいき
上客扱いされたいなら、エコひいきを狙った方がいい。

お金を払っているのに、なぜ相手を気持ちよくさせる必要があるの?って思ってしまった人は上客になる方法はお金を稼ぐ以外ない。お金がなくても上客として特別扱いされたいなら、エコひいきを狙うしかない。
その為には相手の話に耳を傾け、よく笑い、リアクションをとるだけ。

人は感情の生き物。
好きな人には尽くしたくなる。
相手に好きになってもらう行動や態度が大切。

⚫︎上客になるトレーニング

上客になれたからどうなの?という意見もある。上客と言ってもたった数分、特別扱いされるだけ。
上客扱いされることの最大のメリットは、コミュニケーションスキルを磨くことにある。このスキルは仕事でも、恋愛でも何でも使える万能な能力。

この能力を磨くと思って接客を受ける。
全く費用もかからないし、どこでも、いつでも、誰でも簡単に出来る。
実際に意識してやっていると、短い時間で相手の気持ちを掴むということの難しさを知る。

難しさを知って初めて成長する。
それを繰り返すと、おそらく自然と笑顔とリアクションが身につくと思う。
自分の周りに人徳があるな〜って思う人。よ〜く観察していると、人の話をよく聞き、よく笑う人、リアクションをとってくれる人だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました