【機長症候群】リーダーの結論を信じすぎると思考停止になり、好ましくない結果を招く!?

𖧷心がけること𖧷

組織のリーダーも判断を間違うことがある。
どんなに優れた経験を持ち大きな実績を出しているリーダーでも100戦100勝の人は世の中にはいない。
人は実績や肩書きを前にすると自分の考えを止めて、相手に無条件に従う習性がある。

権威効果や、集団浅慮は錯覚や他者依存に繋がり思考停止させ、考えることをやめてしまう!
考えることをやめることは成長を止めること。

▼権威効果について


▼集団浅慮について

相手への尊敬や信頼、配慮は必要。
ただし、その気持ちがいつしか自分の思考停止に繋がる。
『あの人が言っていることは間違いない!』
このような考えが常にある人は、思考停止状態なので注意が必要!!!

■機長症候群とは?

機長症候群とは、飛行機の機長が誤った判断をしたにも関わらず、それをサポートするはずの副操縦士は機長の誤った判断を指摘出来ず、墜落事故に至ってしまったケースから名が付けられた。
リーダーの意見に押し切られて議論、反論を止めてしまい、好ましくない結果を招いてしまう傾向。

これは大きな結果を出した人や、権威がある人に対して、その人の判断は間違っていないと思い込むことが問題で、会社内(社長、上司)でも起こるし、スポーツの現場(監督、コーチ)でも起こる身近な現象。
絶対権力を持つリーダーが存在する場所には機長症候群が発生しやすい。

■機長症候群を防ぐには?

機長症候群は、優秀なリーダーが近くにいる人ほどかかりやすいし防ぎにくい。
それを防ぐ為には、まず優秀なリーダーがこの機長症候群を理解するべきだと思う。

優秀なリーダーは問題解決の手段を知っていて結果を出しやすい。
だからといって、毎回正解を提示し続けると当然、周りは自律的に考える必要がなくなり、リーダーと議論する必要がなくなる。
結果、リーダーに盲目的に従うという流れ。

人は毎回正解を提示され続けると、『従っていれば間違いない!』と思い込むのは当然。
誰もが失敗をしたくないと、無意識に成功確率が高そうな判断に従う。
それが習慣になると、チームは弱体化する。考える事をやめたチームや組織は弱くなる。

優秀なリーダーはこの事を理解しなければいけない。

⚫︎優秀なリーダーが気をつける事

人は自分の影響力を過大/過小評価する。
過大評価も過小評価もどちらも良くない。

自分の影響力を過大評価し過ぎると、ワンマンのように自分が正しいという考え方になってしまう。
優秀な人はアイディアが豊富で、アイディアを出し続けてしまう。それは自分で考えた方が良い結果が生まれるから!

それは理解できる。
自分でやった方が成功確率が上がるのは間違いないと思う。
ただ、それでは人は育たない。
優秀なリーダーは人を育てることも義務だと思う。
人を育てられないリーダーは、本当の意味での優秀ではない。

優秀な人だからこそ、人を育てる為にあえて自分の意見を押し殺して、周りを活かす技術を身につける必要がある。
それは結果として自分のチームを強くし、さらに大きなことが出来るようになる。

⚫︎影響力を理解する

会社の上司は権威の他に権限も持っている。自分の影響力を活かすも殺すも自分次第。

多くの人は権威や権限に飲み込まれて、ダメになるケースが多い。
周りにそんな人沢山いると思う(笑)

権威や権限を持つと、自分は凄いという過大評価をしてしまうから!これは凄く気を付けなければいけないこと。
リーダーに求められるスキルは、自分の影響力を正確に把握し、権威を保ちつつも、周りが思考停止にならないようにコミュニケーションを取ること。

決して周りと仲良くしろ!ということではなく、締めるところは締めて緩めるところは緩めるという緊張と緩和のバランスが大切!

■周りが気をつけること

機長症候群はリーダーが気を付けるだけではいけない。
いくら優秀なリーダーや権威のある人が周りにいても自分の考えは常に持つ必要がある。
これが本当に難しい。

自分の事を過大評価も過小評価もしてはいけない。あくまでフラットに物事を考える習慣を作る。
何が正しくて、何が間違っているか?間違っている内容があるのであれば理由を突き詰める。
物事には必ず理由が必ずある。
良いことも、悪いことも理由がある。

機長症候群で意見に流されてしまうことは、考える事を放棄する事。
当然考える事を放棄し続けた人は成長は出来ない。
それが嫌なら少しでも自分が変わるしかない。

⚫︎自分らしくいられる為に必要なこと

  1. 感情に左右されない判断力を磨く
  2. 上手くいかない事は当たり前という忍耐力
  3. 客観的な事実を情報収集
  4. 自分の意見に対して説得力を持たせる根拠を作る
  5. 助言は積極的に求め、最終判断は自分でする


簡単そうで難しい。
勿論、自分もまだまだ成長途中。贔屓目で見ても自分の理想像の40%位しか自分がやりたい事が出来ていない。
完全に実力不足。

実力不足を知っているから、色んな人の意見や考え方は知りたい。
でも最終的に判断するのは自分でありたい。それが間違った判断であっても自分で判断したい。
判断を他人に委ねた場合、後悔がある。
あの時、あの判断だったら。。。

時間は取り戻せない。
優秀な人に身を任せるのも1つの手段。
決して間違っていない。
優秀な人は戦うフィールドを変えていく。
そんな優秀な人達と一緒にいたいのであれば、当事者意識を持ち、常に自分の意見を伝える努力は必要。

機長症候群なんかになっている場合ではない。頑張ろ〜!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました