持続可能な競争優位を目指す戦略の立て方②

✏︎学んだこと✏︎

戦略をたてる為には事前の情報収集と正確な分析をした上で、一貫性があるか?相互補完性は?無駄はないか?を考えながらたてることが大切。

例えば
新事業を立ち上げる時は、ビジネスの匂い、お金の匂い、人の匂いを嗅ぎ分け魅力的な市場を探す。

#匂いを嗅ぎ分けら能力をまずは磨く

魅力的でワクワクする市場を見つけたら、業界の構造、市場規模や収益性、今後の予測は勿論、業界特有の暗黙のルールや、利権を守る為に抵抗する勢力の存在など様々な視点での分析、検証を行う。
その上で、自社の強みと弱みがその市場でフィットする適合性を持っているのか?を当てはめる。
戦略活動とのシンプルな一貫性。
既存事業活動との相互補完性。
ムダを減らす為の労力の最適性。

#体に浸透できるまで念じる

難しい言葉で表すと頭が痛くなるので、簡単に考えると、様々な角度からの情報分析に対し見つけた市場に対し、自分が活躍出来る適合性を当てること。

トヨタは世界的に生活が豊かになり、移動手段としての車の必要性を読み取り、『今より良くする』をミッションにトヨタ生産方式を作り日々改善を繰り返し様々なパーツ調達で起こるロスや人のムダをなくすことことで企業としての力を拡大さ車市場の世界覇権を握った。

関連ブログ⬇️⬇️⬇️

強みとは、一貫した日々の積み重ね。
そして相乗効果が起こるように設計することで自分の強みを強化し、日々改善をすることで磨き上げる。
短期的に得られる力ではなく、中長期的に上乗せされるのが力となる。
この戦略をたてる基本は自己プロデュースや普段の生活でも使える為、意識しておく必要があると思う。

自分の強みは何か?
考えや行動、言動に一貫性はあるか?言っていることとやっている事が違う人は、まず一貫性を持つことを意識する。
#一貫性がない人は信用を失う

強みがわかれば、その力が何処なら活かせるか?さらにどんな力を足せば今の強みをさらに強く出来るか?無駄はないか改善を繰り返すことで、適所で活躍出来る。今活躍出来ていない人は、適所を見つける前に適材になる努力をする。
#0→1を生み出すのが強み
#感覚と理論を組み合わせる為に努力

■適合性が持続性を生む⁉︎

⚫︎適合性は競争優位の基礎

適合性を高めると企業も個人も結果として、力と影響力を持つことが出来る。
あとは、自分が戦うステージを少しづつ上げていく。

一貫性を持って、相乗効果を考え、ムダをなくす為の改善を繰り返す。
この繰り返しが活動の持続可能な源泉となる。

⚫︎ただの模倣は戦略ではない

売上絶好調の競合他社を見つければ、すぐに真似をする。
商品、営業手法、プロセスなど、真似を繰り返せば一貫性が失い、さらに相互性はない。それがわからなければ、真似をしたところで一過性で終わる。
普段から考えて仕事していないと、周りの情報に振り回される。
#ほぼこのケースに陥る

ただの模倣は戦略ではなく、考えることを放棄した逃げの一手!
それを続けることはただの時間の浪費。
自分の力にならないということを皆知らない。
模倣は1番簡単な方法だけど、結果自分を苦しめることになる。
一貫性がなくなり、軸がブレると苦しくなった時の一手が考えられない体になってしまう。

■模倣を戦略だと思う人の行動

戦略を勘違いしている人が圧倒的に多い。
戦略とは自分が優位の立場になる為の駆け引きで優位にたてる状況を作れなければそれは戦略でもない。
#型を真似ただけ

⚫︎戦略家気取りあるある

#ここからは悪い自分の本音(笑)

自慢げに戦略を語る人の話をよく聞くと、中身がないモノ、さらに全く共感出来ないことが多い。
共感出来ないということは、心に刺さらない!

心に刺さらない戦略の多くは『型にハマりすぎ状態』に陥っている自覚がない。だから、自分らしさがなくなり一般論でしかない。
コメンテーターは中身のない批判家。

もっともらしいことを言っているけど、中身が全くないから伝わらない。

なぜか?
それは自分の意見がなく、ウケることをただ模倣しているだけだから!
本当に心に刺さるコメントを出来る人は、アホらいいコメンテーターと横並びにされる事が自身のブランドを汚すことを知っているから番組を選んだり、そもそもコメンテーターとして出演しない。
無駄な批判は一貫性がなければ信用を失うだけの無駄な作業。

⚫︎戦略を持続させる

経済活動を持続させるには安定的にアップデートし続けなければ行けない。市場規模が右肩上がり業界以外は現状維持のままであれば、市場規模縮小と同じ右肩下がりになってしまう。
現状より悪い状況にならない為に、前に進まなければいけない。

物事全てに言えることだが現状維持は自分の体重と同じで維持する為には、何か手を打たなければできない。
若い頃はカロリー消費量も多く、多少食べ過ぎても問題ないけど、大人になると毎年1日の消費カロリーが衰えていく為、若い頃と同じ食生活をしていたら太ってしまう。

知らない間におデブちゃんってよくある話。#まさに今の自分がそう(笑)

おデブちゃんならない為に、日々の食生活を見直したり、体を動かすことで体の衰え分をカバーして、やっと現場維持が出来る。

戦略も同じで現状維持を保つには最低限少しは進化しなければ、時間が戦略を古くし腐らせていく。
最近はこの戦略を腐らせる時間軸がかなり縮まっている。
まさに30半ばから急激に太りやすくなり贅肉がついてしまうような状態で、何も手を打たなければあっという間に醜い姿になる。

戦略を持続させるにも最低限の変化が必要ということ。

■勝負の分かれ目

コロナは多くの人の気持ちを確実に弱くする。

何処も業績が悪いから仕方がない!
コロナが落ち着くまで待とう!
今、頑張っても意味がない!
ネガティブな感情しか生まれてこない。

そんな時だからこそ、前に進まねければ気がついたときには立ち直れない状態になる。今、もがき苦しまなければ取り返しのつかないことになる。
その為に考え生き残る為の戦略を練る。
考え抜いて頑張って戦略を練ってもプラスにならないかもしれない。
現状維持かもしれない。
でも現状維持なら確実に前に進んでいる証拠!まずは必死で考えて現状維持目指す。
そして、プラスにさせる。

戦略は自分が優位なる為の駆け引き。
一貫性を持ち、今ある資源を最大限に活用し、ムダをなくす。
まずは自分が出来る戦略から始める。

きっと今、悩むことは数年後確実に力となって帰ってくる。
コロナは自分と向き合う時間を作ってくれただけ。あとはどう向き合うか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました