感情は論理より強く働き、チャンスを逃すことがある。

𖣯日々の気づき𖣯

感情的になってしまう自分に対して注意しなければという意味も込めて、感情は論理より強く働くことについて。

普段のコミュニケーションや、議論、仕事上での交渉など様々なところで働いている感情。
その中でも特に好き、嫌いの感情は1番多くの場面で働き、好き=正しい、嫌い=間違いという誤った判断をし、失敗するケースが多々ある。

話の内容の正しさではなく、人格で判断してしまうことは自分にとって大きな損失を与える。それは好きな人が必ずしも正しいのではないから!
内容と人格を混合して正しい判断が出来ない人は本当に多い。※自分も含めてね
自分の経験上、最初嫌いだと思っていた人との仕事の方が成果が大きい事が結構多いのも事実としてある。

もし、嫌いだから関わらないと判断していたら、折角のチャンスを自らの意思で拒否していたことになると思うと、何か物事を判断をする場合は好き嫌いの感情は捨てるべきだと強く思う。

■好き嫌いの感情

⚫︎嫌いな感情は全否定に繋がる

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンは、
“人間はロジックの前に直感や感情で物事を判断する癖がある。特に『嫌い』という感情は、あらゆることを全否定してしまう可能性がある“
と主張している。

物事を判断する上で直感を信じるのは間違っていないと思う。
即断即決を求められる場では直感を信じるしかないし、常に状況が変化するビジネスの世界ではスピードを求められる。
最前線で働けば働くほど、直感力を試される機会は多い。

世界的権威のダニエル・カーネマンの主張は間違いないと思う。
『嫌い』という感情があらゆることを全否定することは良くあるし、逆に受ける事もある。
ビジネスでよくあることで、嫌いな人の言葉は信用出来ないと判断し、時として事業機会を逃したり、他者に対してあの人は信用出来ないとアドバイスをしてしまうことがある。#自分もよくあるから注意

⚫︎感情的になると双方損をする?

自分の場合、正しいと思うことはその人が好き、嫌い関係なくストレートに伝える!それは年上であっても関係ない。
ど真ん中の直球で言葉に出すから、当然それが正しいことであっても、生意気とか、何様とか、嫌われる要素は沢山あり、かと言って間違っていることを黙っていることは出来ない。

この一貫したスタイルは好かれることもあるけど、嫌われることもある!
嫌われた人には嫌がらせや足を引っ張られることがあり、それで自分も嫌いになりその人とは距離を置く。
嫌いになった場合は年上に限り『器の小さいヤツだな』と思い、そんな目で見てしまう。#これはダメだね

双方が感情的になって嫌いを思ってしまったら距離が縮まることはない。
その結果、どちらも1つの選択肢を自ら放棄することになる。

■嫌いな感情の原因

嫌いになる感情を紐解くと生理的に受け付けないという場合を除くと、普段の態度の積み重ねが考えられる。

普段から言動やパフォーマンスが悪く、足を引っ張ることしかしない人に関してはその人に嫌われる問題がある。

ここで考えるのは、嫌いという感情の源泉。嫌いという感情は2つ。
1つは信用、2つ目は知らない。

①言動と行動の不一致→嫌い

嫌いな人を思い浮かべた時、第一印象から嫌いな人を除けば、時間の経過と共に嫌いになっていることがある。
それこそ日々の行動の積み重ね。そして、そこに大きく関係しているのが信用。

信用を失う要素として、

  • 言動と行動の不一致
  • トラブルの回避方法が悪い
  • 責任を人になすりつけて逃げる
  • 感情が常に表に出ている器が小さすぎる
  • 優柔不断すぎて決断力がない
  • 表裏があり、裏で悪口

など、まだまだ沢山あると思う。
信用を失う=嫌いという感情はかなり近い。

自分の近くにいる嫌いな人を想像すると、大体信用がない人が多いと思う。

信用は普段の積み重ね、積み上げるのは時間がかかるが、崩れるのはあっという間。
そして一度崩れた信用は直すのに時間がかかる。
それは嫌いという感情が邪魔をするから!

信用を無くす人の普段の行動には確かに問題がある。
ただ、信用がない人の意見まで100%間違っていると否定するのはよくない。
多分、多少は正しいことを言うことがある。

この多少を取りこぼさないように、信用がない人の言動も冷静に聞く耳を持つことは大切
嫌いという感情よりも、正しいか?間違っているか?を常に考えることで自分を磨く。
それが大人の対応だと思う。
#自分は出来ていないけどね、、、

②知らないこと→嫌い、怪しい

これは自分が正しいと思っている人に多い傾向で素直な人に関しては分からないかもしれない。

新しいビジネスやお金を沢山稼いでいる人を見ると、宗教、搾取、怪しい、人を騙しているなど言う人が多い。
その時、嫌いという感情が出ている。
嫌いという感情が本能的に物事を全否定している証拠。

自分の知らないこと=嫌い=抵抗感と無意識に判断する傾向はかなり多い気がする。
自分の知らない内容を細かく調べた上で、自分の考えとは違うから好きではないというのはあるけど、嫌いというのは違う!
自分は好きではないけど、それで救われる人がいるという事実からは目を背けてはいけない。
そこは感情ではなく、自分が正しいと思うか、間違っていると思うかの判断でいいと思う。

例えばクラウドファンディング。
支援型、寄付型など形式はあるけど、今はコロナ禍でお金の集め方として注目されているから特にネガティブな感情は少ない。
でも、まだ胡散臭いとか思ってクラファンでのお金の集め方を嫌う人がいたりもする。
確かに一部クラファンの使い方を間違っている人もいるのは間違いないけど、クラファンのシステム自体は世界的にスタンダード。

上場もある意味、企業の成長を応援する支援だけど上場する企業は嫌いとは普通ならない。

■過剰な好きも注意

個人的に持論宗教にハマってしまう人を否定、批判することは理解できない。
それぞれ考え方が違い、宗教という手段がその人にとって心の拠り所になるのであれば、宗教を頼るのは理解できる。
理解できないのはそれを他人に強要すること。

自分が良いと思ったことは、間違っていないという逆の作用が発生し誤った行動になる。

これも感情。
宗教を進める人達の心境は、自分が変われた=正しいこと=好きなことになった。
過剰な好き感情が悪く働いているケース。

過剰な好きの感情が悪く働いている人の勧誘を思い浮かべてほしい。
多くの場合、いかにその宗教が素晴らしいのか情熱的に話しをしてくる。

ネットワークビジネスも好きの感情が悪く出るケースも多いと思う。
勧誘の方法が胡散臭いし、楽して稼げるという甘い情報に踊らされてしまっている場合、冷静な判断が出来ない人がビジネスの印象を悪くする。

ネットワークビジネス=ねずみ講=詐欺=嫌いと多くの人が抱く。
そして多くの人はねずみ講とマルチ商法、ネットワークビジネスを同じに見ている。

ビジネスとしてネットワークビジネスをしている人を否定も批判はしない。
それはどんなビジネスモデルでお金が流れるか?を何が合法で何が非合法か?色々話をきいて自分で調べて知っているから。
その上で自分はネットワークビジネスより他の選択肢で稼いだ方が効率がいいと思うからこの手段は取らないし、魅力を感じない。

色々メリット、デメリットを調べた上で判断しているだけで決して批判ではない。
単純に自分の性格を考えた時、そのビジネスは非効率だと思っているからやらないだけ。

■感情で動く人、論理で動く人

人は大きく2つのタイプで動く。
感情か?論理か?
まずそこを冷静に判断した上で、感情で判断している場合は、まず深呼吸して冷静になった方がいい。

嫌いという感情で否定していないか?過剰な好きという感情で間違った行動はしていないか?
感情的な人ほど冷静に分析してほしい。
嫌いの感情が自分の可能性を消している。
そして過剰な好きが相手の信用を失うケースもあることを知らなければいけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました