【評価経済】から【信用経済】に変わってきている!今やるべきことは?

𖣯日々の気づき𖣯

時代の流れは大きく変わってきている。
SNS普及は影響力という武器を使った新たなチャンスを作った。
小学生の将来の夢の上位にYouTuberがランクインするような時代。
ただ、影響力を武器に経済を回す手法は、インフルエンサーの増加とともにその影響力は薄まってくる。

プレイヤーの数量が増えれば当然利益は薄まるが、その時代の変化に対してどうシフトチェンジできるかが今後重要になってくる。

時代が大きく変わる

その時代が求めるモノは本来社会とともにゆっくり変わってくるはずが、産業革命以降技術の進化により短サイクルで社会が動いている。

モノが全くない時代ではモノを調達することが求められ、モノが溢れかえってきたら富を求めるようになったり、その時代の社会状況と経済は結びついている。
時代の変化をあらわす時に使われるのパラダイムシフト。

⚫︎パラダイムシフトとは

パラダイムシフトとは
その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化すること。

大きな変革としてよく言われているのが、
①狩猟社会
→大昔の原住民の生活
②農耕社会
→食べ物を安定的に育て調達する生活
③産業社会
→科学、技術の進歩で便利な生活

モノが全くないという時代に育っていない自分はまさに産業社会で生きている。
パラダイムシフトって本来凄く時間をかけてゆっくり変化していくモノと言われていた。
、、、最近までは。

■評価経済の登場

10年位前に発表されたのが評価経済社会へのパラダイムシフト!!!


情報革命によりSNS普及で個人発信が当たり前になり、情報が溢れかえる時代に突入した。
そこで10年前位から生まれたのが【評価経済社会】

パラダイムシフトされる時は、どうやら技術進歩が関係している見たい。


狩猟社会→農耕社会 農具の開発
農耕社会→産業社会 機械の自動化

産業社会→評価経済社会 情報の自由化

今の時代をわかりやすく表現すると
お金<評価
ってこと。

承認欲求が高まり、モノを消費するということよりコト(体験)を消費する流れ。

ここで生まれるのがジェネレーションギャップ!

⚫︎時代が違うと、もう言ってられない

戦後モノ不足から必死で働いて経済を支えた60代の人から、経済が成熟しバブルを経験した40代〜50代、バブルがはじけて不況が当たり前になった30代、オンライン化が当たり前の10代〜20代。
ここ数十年だけ見ても年代によって大きく価値観が違う人がいる。

ただ、時代を動かすのは若い層!

10代〜20代の当たり前の生活が今の時代をあらわす。
そこについていけず、過去に縛られるとどんどん時代遅れにされる。

⚫︎影響力がお金に変わる時代

特に今は10代〜20代の動向って注目しないといけない。
その一つがSNS。
SNSの普及が一般化した理由は、影響力がお金になると分かったから。

インフルエンサーと呼ばれる人々への憧れがまさに影響力がお金になると浸透した証拠。

InstagramerやYouTuberやTikTokerという言葉が生まれたのは本当に最近のこと。これは自分の好きなことを発信することで、共感を得ることで欲求を満たすことで急拡大した市場。

実はこの影響力がお金になるという流れは最近ではなくメディアが一般化した時点からゆっくり始まっていた。
有名人をCMに起用すると商品が売れる。
これも影響力がお金になるってこと。

ただ人口が限られている以上、影響力をお金にできる人は一部で情報発信者が増えれば当然マーケットは少しづつ薄まって行く。

次に考えられるのが、影響力だけではお金にならないという現実。

これまでメディアの中心でもあった芸能人は影響力を使ってお金にしていたけど、影響力を持った素人にドンドン影響力を使ったビジネスを持っていかれてしまっている。
そして、まだ影響力を持つ為に必死に活動している人が多くいる。

時代はもう変わっているのに。。。

■評価経済から信用経済へ

モノや情報が溢れかえると、同じようなモノや情報も当然出てくる。
そうなると、これまで【どこで買うか?入手するか?】という流れから、【誰から入手するか?】という流れになっている。

誰から入手するか?
そう、これからは個の力が非常に強くなる。

その時に大切なのが信用!!!

⚫︎ファンビジネスの重要性

最近見直されているのがファンビジネス。
ファンビジネスの根底は信用!

信用が安定的なビジネスになると、多くの企業は気がついている。
それは企業だけではなく個人も。
これまでの影響力を活かしたビジネスは共感をお金に変えていた。
ただ、今は共感だけではお金にならない。

共感から愛着を持ってもらい信頼を勝ち取る。
信頼を勝ちればビジネスは安定するけど、逆に信頼を勝ち取れないとビジネスは安定しないということ。

個人も企業も信頼がなければ生き残れない。まさに評価経済から信用経済に変わってきている。

⚫︎コロナが信用経済を加速

コロナで影響力だけでは意味がないと突きつけられた。
クラウドファンディングが注目されているけど、支援を受けるということは信用がなければできない。

信用は積み重ねるのは時間がかかるのに崩れるのは一瞬!
それを理解していないといつまで経っても信用は生まれない。

凄く難しいことだけど、これからの時代を生きるにはパラダイムシフトに自分も合わせていくしかない。
時代遅れで苦しみたくないからね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました