2021-01

𖣯日々の気づき𖣯

【迷った時の判断】やらない後悔よりやる後悔!?やる後悔しないための判断基準!

何かを決める時、どちらが良いか?悪いか?の判断に悩む時がある。人によって選択の判断基準は異なり、決断に対して100%正解を出し続けることは不可能。100%正解がない選択だから迷ってしまう。 そんな時、自分がどんな判断基準で物...
𖠅ビジネスで使える行動心理𖠅

信用回復に活かせる?【ゲインロス効果】良くも悪くもギャップが印象を強くする!

凄く悪そうな見た目なのに、実際は凄く優しい人だったり、真面目そうなのに、実際は人を平気で裏切ったりとギャップがあるな〜と思う人がたくさんいる。自分が印象が強く残っている人を思い浮かべた時、このギャップが強く働いている人はよく覚えている。 ...
✏︎学んだこと✏︎

転勤あるある?無事関門を乗り越え、断捨離と気持ちの変化!

転勤は急に決まる。転勤を言い渡された時は、「とうとうきたか」という思い。商社という仕事柄、転勤は付き物でさらにお客さんが東京に集中している仕事をしている以上、東京に戻るというのは当然の流れで、仕事面ではメリットが大きい。ただ、実際に住んで...
✏︎学んだこと✏︎

【リフレーム】短所が長所に変わる⁉︎ 自分の弱みだと思うことが実は強みの源泉!

ポジティブな人とネガティブな人の違いは、モノの捉え方によることが多い。普段から使う言葉や考え方少しだけ変えることで短所だと思っていることが長所に変わることもある。 短所やコンプレックスが変換される。それがその人の個性となる。...
𖣯日々の気づき𖣯

未完の美学「わびさび」と完璧の美学「モダニズム」、日本と西洋の美意識の違い

未完の美学という独特の考え方の存在がある一方、反対の完璧主義の美学も存在する。日本人が西洋に憧れるのはこの価値観が異なる美意識への憧れで、逆に欧米人が日本に憧れるのも同じ感覚だと思う。 日本の美意識を「わびさび」と表現すると...
𖣯日々の気づき𖣯

完璧ではない余白が魅力となる【未完の美学】 完璧でないからこそ美しい!

日本の古き良き考え方で、未完の美学がある。あえて完成させないことで未来の更なる発展を目指す考え方。全てのことを完璧にするのではなく、あえて余白を残すことを美学としている。この余白こそが人の気持ちを惹きつける要因。 1935年(昭和1...
𖧷心がけること𖧷

【リヴァプール応援歌】You’ll never walk alone 君は決して1人ではない!皆んなで前に進む!!!

サッカー通ではお馴染み!?現在日本代表の南野選手が所属する世界超一流サッカークラブのリヴァプールFCでチャント(応援歌)としてスタジアムで多くのサポーターが大合唱する『You’ll never walk alone』 いつか...
𖣯日々の気づき𖣯

TV業界はどうなるか?視聴率が良くても番組打ち切り時代

今後苦戦が続く広告業界。これまで広告のスタンダードといえばTVスポンサーになりCMを流すこと。一方、NetflixやYouTubeなどの娯楽が増えたことでTV離れが進み視聴者数が年々減少傾向。TV CMを流して知名度を上げるという企業戦略...
𖠅ビジネスで使える行動心理𖠅

「話が伝わらない人」「上手い人」決定的差は1つ「語るより、絵を描け」の法則

年末年始はお笑いのネタ番組が多いけど、何気なく見ていると、話が上手いなぁ〜って思う人と、全く伝わらないなぁ〜って人がいる。 話が上手いなぁ〜と思う人は、とにかく面白いし何より興味を持たせてくれる。例えば、仕事でプレゼンが上手...
𖣯日々の気づき𖣯

現場迎合主義と現場主義の違い!現状の正確な把握

「現場の声を汲み取る」「顧客の声を反映させる」凄く当たり前のことだけど、得た情報をどのように活かすかの最終判断はあくまで自分で他者ではない。そして、多くの人が過去の常識に囚われてしまい物事の判断を多数決で決め、結果似たようなモノやサービス...
𖧷心がけること𖧷

たった30年で大きく変わる世界と現状!技術革新が急激な変化をもたらす!

1990年台のバブル崩壊から日本経済の低迷は続いているとよく聞く。自分は超田舎育ちでバブルの華やかな世界があったなんて全く感じなかったし、就職氷河期真っ只中で不況のなかで育った。物作り大国日本がどのようになったのか?興味本位で調べてみると...
𖣯日々の気づき𖣯

目に見えない【審美眼】どうやって磨く?美意識、感性は変えられる⁉︎感性の表明が第一歩!!

自分を磨くとは何か?この課題は常につきまとう。特に感覚的な部分を磨くとなると成長度合いが可視化されない為、自分で意識的に磨くということは難しい。ただ、「あの人はセンスがいい」「お洒落」など他人の感性をなんとなくは評価出来る。このなんとなく...
タイトルとURLをコピーしました